--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転いたします。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

こんにちは。出張撮影@横浜のseeray photoです。

世間の潮流がアメブロにシフトしても。
私はこの、FC2ブログが使いやすくて大好きで、
ずっと使っていたのですが。

この度ホームページをWordPressで作成したため
今後はそちらで書いていこうと思っています。

しいれいphoto(出張撮影@横浜)

今までのお読みいただいてありがとうございます!
そして、お時間のあるときに、ふらりと遊びに来ていただけたらうれしいです。


新しいWEBサイトはこちらです。
しいれいphoto(出張撮影@横浜) WEBサイト http://seerayphoto.com

※ こちらのブログ記事の更新はいたしませんので
サービス、料金などをご覧になる際は、新サイトをご覧いただくようお願いいたします*^.^*

しいれいphoto

スポンサーサイト

「中秋の満月」と、母。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

72歳の母は、野毛で商売をしている。
今年で創業90周年を迎える老舗の店。

細々と、愚直にやっている姿は、本当に歯がゆい感じがする。
でもね、お客さんの中には買い物しながら
たわいもない話をするのが好きな人たちが依然として存在していて
そういう人たちが、昔を偲んで?集まってくる。

大型店に押されて、個人商店が少なくなってきてるから
このビジネスモデルはかえって新鮮かも!なんて思ったりする今日この頃。

昨日のお客さん。
母とのやりとりです。

月がきれいだったから写真撮ったのよ。
と言って写真を見せてくれたの。

仲秋の名月

「あらきれいですね。こんな色が出るのですね
娘も写真をやってるんですよ~。」

とたいそう驚きながら言ったら、

差し上げます

と言ってこの写真をくれたのだというのです。

次の日、母は仲秋の満月とオリンピックの聖歌台?が一緒に映っている写真を
新聞で見つけます。

昨日のお客さんが撮った写真とそっくりでびっくりしたから
そのお客さんへの配達荷物の中に、その切抜きを添えて発送しました。

すると今日お客さんから電話がかかってきて
それはそれは喜んでくれたのよ

母からそんな、話をきいた。
野毛の村田屋さんで、野菜炊き上げ定食を食べながら。

母と私。
今まであまりお互い話をあまりしたことなかったけれど。
母とお客さんとのやりとりを聞くと
母は本当にステキな仕事をしているのだな、と思うことがある。

たわいもないお客さんとの会話が
スーパーやコンビニ、インターネットでは得られない
ステキなエピソードにあふれていて。。。
感動する。

でも(・・?)
アタシその、東京新聞の写真見てないよ~。
見たかったなあorz

ホームページ、作りました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ホームページ作りました。
ドメインも、取りました。

今まで「ドメイン取っていないよ」と言ったら
起業仲間から、(・・?)って顔されたので早速取りました!

そして、ホームページはHTML5のカッコいいテンプレートとか
いろいろ悩んだけれど、
WordPressでいくことにした。


ん~もう、突っ込みどころ満載なのは、
分かってるの。

修正したくても、webの知識がないから
直せないorz


でも、WordPressにしてから、アクセスがすごい。
UPして間もないのに このFC2ブログをはるかに超えるアクセス。

アメブロに移行しようか、このままWordPress一本にするのか
今、検討中です。


ここから、毎日少しずつ変えていくので
どうか温かい目で見守ってやってください。

seeray photoのホームページ
http://seerayphoto.com

リンクを貼っていただけたらうれしいです*^.^*

「先生を泣かせちゃった」

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

父が、言った。

「昨日、先生を泣かせちゃった」

先生というのは、入院中の父の主治医である。

世の中にこんなきれいな人がいるのだろうか
と思うくらいの美人医師で
その美貌ゆえかちょっと、キツイ印象がある。

抗がん剤投与をめぐって私は
その医師とバトルをしたこともあった。

お高くとまってる

そんな印象が正直なところあった。
その先生を泣かせたという父。
一体父は何を言ったんだろう。


「昨日ね、先生に言ったんだ。

いろいろしてくれて
ありがとうございます。

先生を、信頼しています。
って言ってね。こう握手した。

そしたら先生
しとしきり泣いていった。

もう~。田中さん泣かせないでくださいよ~。

って言われちゃった。



って父は、はにかんで笑った。


私は、こんなつらい状況下でも
周りの人に気遣える父を誇りに思う。

そして。

あの美人医師が父のことで
泣いてくれた気持ちを思ったら
私も泣けてきた。

いけない、いけない。

あわてて、洗面室へかけこんだ。


IMG_8308.jpg

お坊さんのお言葉

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

先日家にお坊さんが来て、お経をあげてもらいました。

二十数年間、通っていただいたお坊さん。
今回、鎌倉の本堂に栄転?されるようで今日で最後だとのこと。

今までやれ、仕事に・旅行にと飛び回っていた私は
お坊さんの読経の席に同席した記憶は数回のみ。

今回父が入院したことで 「困った時の神頼み」
と正にそのものなのですが
心してお仏壇の前に座った私なのでした。

お坊さんのお話も、心にしみました。

人は誰でも死ぬもの。
この世は、修行の場。
あの世はもしかしたらとてもいい世界なのかもしれませんよ。
家族にできることは、精一杯の看病をすることです。
悔いを残さないように。

様々な入院中の家族を見てきた。
その中で、家族が来ない患者さんと
家族が連日お見舞いに来る患者さんとがいる。

どんなに病状が重くても、毎日のように家族が看病している人の予後は穏やかだということ。


そんなお坊さんの話を妹にしたら
とても安心した様子。

というのも妹は4歳と2歳の子供連れでお見舞いに行くから
「うるさいからもう帰りなさい」と5分も経たずに親に帰されちゃうこともあって。。。
(実際、我が甥っ子は人一倍うるさいし、いたずらもハンパない)

電車とバスを乗り継いではるばる来ているのに
果たしてこのお見舞いは意味があるのだろうか
と悩んでいたらしいのです。

たとえ、5分のお見舞いだとしてもそれは意味ある!

私も妹も確信しました。


IMGL8769.jpg

孫とのハイタッチ。

この威力に勝るものはないでしょう。

8月のスケジュール

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

こんにちは。出張撮影@横浜 seeray photoフォトグラファーしいれいです。

わが家のゴーヤもすくすくと育っています。
そこに、やんちゃな「ぴの子」が・・・。
葉っぱを、むしり取っていく遊びが大好きです(汗)

IMG_4779.jpg


7月、8月前半は予定が埋まりました。

8月は、15日以降撮影が可能です。

お問い合わせは下記からメールにてご連絡ください。



基本的に一日1グループのみの撮影形態を採っています。
そのため、ご希望の日程がお取りできないこともございます。
ご注文は余裕を持ってぜひお早めにお願いいたします。






-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 撮影プラン・料金 ⇒こちら
✽ 撮影のお問い合わせ⇒ しいれいphoto まで。

-------------------------------------------------------------- ♥ --

7月のスケジュール

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

こんにちは。出張撮影@横浜 seeray photoフォトグラファーしいれいです。

梅雨真っ盛りの今日この頃ですが
こちらは7/2の東京駅の青空です。

IMGL8391_20120707061206.jpg


7/7現在、撮影可能な日は、下記の通りです。


7/12 木PM~ ⇒○
7/14土 ⇒○
7/15日 ⇒○
7/16(月・祝)⇒○


※ 8月以降のご予約も承っています。



基本的に一日1グループのみの撮影形態を採っています。
そのため、ご希望の日程がお取りできないこともございます。
ご注文は余裕を持ってぜひお早めにお願いいたします。



-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 撮影プラン・料金 ⇒こちら
✽ 撮影のお問い合わせ⇒ しいれいphoto まで。

-------------------------------------------------------------- ♥ --

オーストラリアからのギフト。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

私がTimTam好きなことを覚えていてくれたのか
オーストラリアから彼がおみやげにTimTamを持ってきてくれました。

IMGL4142.jpg




そして彼のお母さん、アンジェらから手づくりのマフラーをいただきました。
添えていた手紙を読んだら泣けました。

IMGL4136-001.jpg


When you put it on if will be like a big hug!!

ってとこが泣ける。


ありがとう、アンジェラ。

スーパームーン

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

昨日、鳥取で見た月。

でかくてオレンジなの。
すご~

って思ってたら、こういうことだったのね。


世界各地で「スーパームーン」観測 14%大きく明るい満月
 満月が通常よりも大きくて明るく見える「スーパームーン」と呼ばれる現象が5日から6日にかけ、世界各地で観測された。

 米航空宇宙局(NASA)などによると、楕円形の軌道を描く月が地球に最も接近するタイミングで満月になると、最も遠い時より最大で大きさが14%、明るさは30%増すという。同様の現象は昨年3月にも見られた。
[ 2012.5.7 00:07 共同 ]

本日の名古屋の地震はスーパームーンの影響?『スーパームーン』と地震の影響の真相

タイフェスティバル2012 代々木

Posted by しいれい on   0 comments   1 trackback

今年も、やってきた☆

タイフェスティバル2012 代々木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■第13回タイ・フェスティバル2012
【東京都・代々木】

http://www.thaifestival.net/

日程:2012年5月12日(土)、13日(日)
会場:東京都渋谷区 代々木公園 イベント広場およびケヤキ並木
時間:10:00~20:00 雨天決行
主催:タイ王国大使館


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■第10回タイフェスティバル2012大阪
【大阪府・大阪市】

日時:2012年5月19日(土)、20日(日) 10:00~20:00
会場:大阪城公園 太陽の広場


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■タイフェスティバルin名古屋2012
【愛知県・名古屋市】

日程:2012年5月26日(土)、27日(日) 10:00~20:00
会場:久屋大通公園久屋広場(名古屋市中区)
問合:タイフェスティバルin名古屋実行委員会
   担当:岸口・村山
   Tel: 052-961-2224(株式会社三晃社内)

http://www.thaifestival.net/

湿潤療法の病院へ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

低温やけどは、つらい

100円玉大の水泡が2個できて、
正座をしていたら、「ぱっつん」って、はじけた。

その後は、体から水がジャージャー流れるように
汁(!)が流れ出て、かゆみで気が狂いそうになり
悶絶する私。

合掌。


湿潤療法(ラップ療法)を取り入れている病院へ行って

「このかゆみはどうしたらいいのでしょう」

って言ったら

「あきらめて」って言われたorz

ここの皮膚は壊死しますって。。。。
ぎゃあああ。


ここで重要な過ちが。

ラップ療法の処置は良かったのだけれど、
今まで一度も冷やさなかった。。。

やけどは冷やすのが鉄則。

基礎がすっぽりと抜けていた。



お風呂OK
岩盤浴もおすすめしないけどOK
運動もOK

だって。


結構、豪華な先生でよかった。
自己処置で、怒られると思ったから。

低温やけど。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

冷え性なので、愛用している湯たんぽ。
もう、家では3個の湯たんぽがフル稼働。

1つはインコ。
湯たんぽの上に、鳥かごを置いて
あたためてあげてるの(笑)

あと2個は自分用。

そして今朝。

やっちゃった。低温やけど。

まさか自分ではならないと思っていたけれど
連日の睡眠不足で、この日は眠りが深かったらしく
全く気づかなかった。

しかも横向きで寝ていて
湯たんぽ + 左足 + 右足
の順で重し(!)になってしまったようで・・・

今は赤く腫れているだけだけど
そのうち悲惨になるんだろうな。


朝一で病院へ行ってこよう。



低温やけどになる条件

・44度で3~4時間以上で発症
・46度で30分~1時間で発症
・50度で2~3分で発症




今日の言葉。

「自分だけは大丈夫」そこに明確な根拠はなにもない。

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』 長谷部 誠


今日、心を整える。読み終えた。
一番最後のページを見て、ぐっときた。

『※著者の印税は全額、ユニセフを通して「東日本大震災」支援のために
寄付させていただきます。』


すごいな。
言葉だけじゃなくって、行動で現しているから。


真っ直ぐな、長谷部 誠氏の生き様が、見えた気がした。



最後のページの写真は、市橋織江さん撮影

あれから5年・・・

Posted by しいれい on   1 comments   0 trackback

2007年1月9日あの日から5年が経った。

うそみたい。

昨日のことのようにリアルに思い出せるから。



何もかも、できなくなってしまった。
失敗体験を、嫌というほどした。

「今日も、またできなかった。」
「明日も、きっと寝たきりなんだろうな。」

行き場のない、喪失感。
苛立ち。

そんな混沌とした日常の繰り返しだった。



5年経っても未だに後遺症に折れそうになる。

さすがに365日毎日っていうのはなくなったけど
週4回、ヨガ教室でリハビリは続けている。

鍼治療にも通ってる。



5年経った今。
少しずつ前進しているのが実感として沸いてくるようになった。



子供になったつもりで。

一から。

小さな成功体験を、積み重ねることが、私には必要なことなんだ。



今はその一つ一つの成功体験を味わいながら
大切にしながら

自分への自信をつけていこうと思う。


★5years





今思うと、命を落としてもおかしくない状況だった。


私は、生かされている。

もう一度、ここでふんばらなければ。



はじめてのおつかい

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日、朝の6時から「はじめてのおつかい」見て号泣。


子供の健気なひとりごと

待つお母さんの気持ち

スタッフの動き

などなど

それぞれの立場のドラマが見えて
本当に泣けた。

10年日記

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

新年から日記つけてみようと決意d(^v^)

小林 弘幸 著 『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』


・自律神経のバランスを整える日記の活用法


書くことは次の三つでOK。

①その日いちばん失敗したこと
②その日いちばん感動したこと
③明日の目標


この順番で。
この順番じゃなくちゃダメなんだそうです。
これを、3行寝る前に書く。


著者がオススメするのは3年日記。
でも、これだと書く欄が多いので、私は10年日記を購入。
これだと3行だからね。





5年後の自分に伝えることはありませんか?【メール便なら送料無料!!】★Diary Past 5 Years★ar...





海外へ行く後輩へ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

学生時代の水泳部で、集まった。
なんだかんだ言って、続いてる仲間。

今日は、後輩が海外へ行くというので壮行会。

IMG_6273.jpg

「海外へ行っても

どんな仕事をしていても

いつでも帰れる場所・・・」


そんなちょっと歯が浮くような台詞を言ったヤツもいた。



でも、本当にそうだ。

それぞれの仕事

親としての役割

そういうのを背負っていても

みんなで集まると
一気にあの頃に戻れるんだ。



IMG_6296.jpg

胴上げ?

本当に胴上げする?普通。。。

IMG_6301.jpg


異国の地へ行く後輩へ。

5年後、また会おうね。みんなで。



ボラ女4人。女子会♪

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ボランティアでつながった女子どもで集まり~。

女子会っていうと

「女子会っつー年か!」

ってつっこみが激しくきそうなのですが。

たまには使わせてください。このワード。


ボラ女4人。

超笑った。



タイ、過去50年で最悪の洪水

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

タイと言えば、タオ島にてダイビングと水中撮影で半年間滞在していました。
やっぱり、過去に一度でも訪れた場所に何かがあると
とても気になってしまいます。

タイ、過去50年で最悪の洪水…日系工場も水没
読売新聞 10月9日(日)7時3分

タイやカンボジア、ベトナムなどのインドシナ各国が近年ない大洪水に見舞われ、被害が深刻化している。

 タイでは過去50年で最悪とされ、インラック首相は「バンコクも洪水の直撃を受ける」と市民に警戒を求めている。記録的な洪水は地球温暖化も一因とされ、各国で大洪水が恒常化する懸念もある。

 タイのキティラット副首相は8日、本紙に「洪水が広がり続け、非常に危険な状況だ。被害額はすでに300億~400億バーツ(約742億~990億円)にのぼる」と語った。

 タイでは北部や東北部の大雨でチャオプラヤ川の上流や源流域が洪水になり、山間部のダムからの放水で下流も氾濫を始めた。特に中部アユタヤの被害は甚大で、住民の女性(28)は「こんなにひどい洪水は初めて。家が水没したので親類宅に避難した」という。

 日系の自動車部品工場が集まる工業団地が水没したのに続き、ホンダの自動車工場がある別の工業団地も市の避難要請で大半の工場が停止した。アユタヤから離れたタイ日産自動車の工場も「部品調達が滞り、一部車種の生産を止めた」としており、部品工場の操業停止が自動車各社の生産に影響を及ぼす懸念がある。

 氾濫地域はバンコクに接近し、冠水が始まっている。

鎌倉の「天使のパン」

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

鎌倉の「天使のパン」 夫婦の記事が載っていました。
以前、アースデイの時に撮影させていただいたのがきっかけでした。

すっかり有名になっちゃってすごいです。

パンは、本が出版された頃は5年待ちだったのに8年待ちになってる~。
遠慮して注文していなかったけど・・・
いつかやさしい味のするパン、食べてみたいです。


被災地にパンを送るなんて、ステキ。
いろいろな、支援の方法があるんですね。

天使のパン「勇気出た」 「優しい味」に被災者から感謝
2011年9月16日 毎日新聞

「元気をありがとう」と被災者から送られた親子写真を手にする多以良泉己さん(右)と妻総子さん
 ◇競輪落車で脳障害、多以良さんと妻総子さん
 競輪の落車事故で高次脳機能障害になった鎌倉市の多以良泉己(たいらみずき)さん(36)が妻の総子さん(40)と作る「天使のパン」が、被災地の顧客の「心と胃袋」に元気を与えている。

 「多くの死者が出て両親も行方不明。こんな状況だから、キャンセルのメールを送ったら、ケーキとともにせっけんやゴム手袋、アロマも送ってくれた」

 宮城県石巻市の片岡博美さん(41)は、大震災発生から1カ月後に届いた「天使のパン」に感激。親子3人でケーキを持つ写真をメールで送信した。「涙、涙の毎日だった。心のこもった優しい味に本当に明るくなった」

 多以良さんは05年夏にレースで落車し、脳に障害を負った。入院中のリハビリから総子さんがパン作りを考え、08年から自宅でインターネット販売を始めた。味と「天使のパン」のネーミングも人気を呼び、今では全国に顧客が増えている。

 総子さんはパンだけでなく、メッセージも添えて送る。福島県南相馬市の50代の女性は「先が見えない5月、パンとともにニンジンが届いた。専業農家で福島市に避難する両親に送ると『また農業でがんばる勇気が出てきた』と喜んでくれた」と感謝する。

 多以良さん夫婦の元には、手紙やメールが10件ほど届いている。1年ほど前から障害者の自転車競技に挑み始めた多以良さんは7月の全国大会で1キロタイムトライアルで2位になった。「落ち込んでいる人も多いと思うが、返信をもらうと『よし明日もがんばって作ろう』と元気がわく」と笑顔を見せた。【網谷利一郎】




これは、ちょっと前の記事です。
すごい。自転車が乗れるようになったんですね。多以良さん!!!
うれし~♪

[大ケガ克服のスポーツ選手]プラス思考、新たな目標へ
(2011年8月11日 読売新聞)

 思いも寄らぬケガや病気で希望を失いかける経験は、人生で誰もが味わう可能性がある。再び立ち上がるにはどうしたらいいのか。大ケガを克服したスポーツ選手に学んでみたい。(佐藤光展)


スポーツ選手の中には、ケガをきっかけに競技力を向上させ、活躍する人が少なくない。山王病院(東京都港区)脳神経外科副部長で、スポーツ選手の治療経験が豊富な高橋浩一さんは「足をケガしたら、上半身を鍛える機会ととらえる。そんな発想の転換が出来る選手が大成する」と話す。

 このようなプラス思考は、簡単な訓練で誰もが身につけられるという。習慣化しやすいのが「セルフトーク」。毎朝、鏡の前に立ち、「おはよう」「調子はどう」「絶好調だぜ」などと、自分自身と会話する。

 体調が悪くても「こんなケガは大したことはない」「負けるものか」と繰り返す。成功場面を想像して、「ナイスショット」と喜ぶのもいい。高橋さんは「続けると、意識しなくてもプラス思考になる」と話す。

 だが、リハビリに励んでも競技に復帰できないこともある。それでも前を向くにはどうしたらいいのか。高橋さんは「周囲の理解を得るため、自分の苦しさをことさら強調したり、加害者への恨みにとらわれ続けたりする『悲劇のヒロイン症候群』を乗り越えることが重要」と指摘する。

 元アメリカンフットボール選手で、米国のプロチームと契約したこともある神戸市の元野勝広さん(34)は、練習中の強い衝撃がもとで、脳と脊髄の周囲を満たす液体が減る脳脊髄液減少症を発症。激しい頭痛などが続き、選手生命を絶たれた。

 失意の中、参加した患者集会で違和感を覚えた。

 「参加者の多くが、交通事故などで人からケガを負わされた人。恨みごとを言ったり、苦しさを切々と訴えたりする気持ちは私も分かる。でもそれにばかり力を費やしていては、自分のためにならないと感じた」

 プレーできない苦しさを脇に置き、今できることを考えるようになった。アメフトの市民チームの代表となり、自ら作ったイベント会社でスポーツの楽しさを伝える活動を続けている。

 感謝の気持ちが、立ち上がる力になることも多い。

 神奈川県の元競輪選手、多以良泉己 たいらみずきさん(36)は6年前、レース中の転倒で、意識障害などが起こる高次脳機能障害や、左半身まひなどの障害が残った。

 リハビリにと作り始めたパンやケーキを、支えてくれる妻の宇佐美総子
ふさこ
さんや知人に振る舞ったところ大好評で、「もっと多くの人を喜ばせたい」と販売を始めた。足のまひなどが思うように改善せず、落ち込むこともあったが、次々と舞い込む注文に励まされた。

 注文者の笑顔を思い浮かべてひとつずつ作るため1日数個しかできないが、ファンは増える一方で、今注文すると8年待ちの状態。「優しい味に励まされた」などと、感謝の手紙が毎日届く。

 励まし、励まされるパン作りを続けるうちに、再び自転車に乗れるようになった。新たな目標はパラリンピック。「感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩進みたい」と笑顔で語る。

 訓練と感謝で育むプラス思考。いざという時のために、心に備えておきたい。


プラス思考を育むトレーニング
1 頭の中で前向きなことを考え、それを口に出し、自分と会話する。
2 落ち込んでいる時も意識的に胸を張り、視線を少し上に向ける。
3 できることとできないことを明確に。けが以外のこと、好きなことに目を向ける。
4 以前よりもよくなった症状を意識し、回復を実感する。
5 感謝の気持ちは大切な前向き思考。周囲に感謝することで気持ちが落ち着く。
(高橋浩一さんによる)




 多以良泉己さんが、ケガを克服してパンの販売を始めるまでの経緯は、
妻の宇佐美総子さんの本「幸せをはこぶ天使のパン」(主婦と生活社)に
詳しく書かれている。
 多以良さんは現在、食パン(1.8斤1260円)やガトーショコラ(1ホール3675円)、
ロールケーキ(1本2205円)、米粉チーズケーキ(1ホール2415円)などのパンや
お菓子を作り、通信販売を行っている。
特別な事情がある場合を除き、新たな注文は8年待ちの状態。
ホームページ(http://gateaudange.com)で注文を受け付けている。


幸せをはこぶ天使のパン

斉藤和義ライブin宮城県塩竈市

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

お。今、斉藤和義ユーストリーム配信中

斉藤和義 on USTREAM」
2011年9月8日(木) 20:00、22:00









Streaming by Ustream

琴線に触れる瞬間

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

渋谷駅でなんとなく手にしたフリーペーパー。
昭和大学が刊行したもの。
電車の中で読んでいた。

赤鼻センセイが届ける心のビタミン
さいかち学級(昭和大学病院内 院内学級)教諭 副島賢和氏の記事だった。



 もし大人になれたら、詩人になりたい



これは大学病院の中の院内学級に通う女の子の書いた文章。

「もし大人になれたら」


もし、野球選手になれたら
もし、大金持ちになれたら。

そんな夢みたいな明るい響きのフレーズ。

でも、病気である彼女が放つその言葉の持つ意味に
ハッとさせられた。

なんて謙虚で、健気で、そして悲しい言葉なんだろうって。



そしてトドメは、これでした。


『僕は幸せ』


お家にいられれば幸せ

ご飯を食べられれば幸せ

空がきれいだと幸せ


みんなが幸せと思わないことも

幸せに思えるから


僕のまわりには

幸せがいっぱいあるんだよ




もう、電車の中で人目もはばからず大泣きしてしまったよ。

私、病気系がダメみたい。

琴線にふれると、スイッチが入って
止められない言葉ってあるんですね。




関連記事:

プロフェッショナル仕事の流儀 副島賢和

ころんさんのブログ からふるな世界 より抜粋

その子は、とても重い難治の病を抱え、辛い治療の連続だったそうで、副島先生は彼がめちゃくちゃ苦しんで大変だった所をずっと見ているんですね。

でも彼は、院内学級では人気者で、彼が居るだけでその場が明るくなり、元気の無い子は彼と居ることで何故か元気になっていくんだそうです。

副島先生は、じっと彼を観察します。
まるで弟子が師匠の言動を注意深く観て学ぶかのように。

すると彼は、元気のない子の傍にそっと寄り添って隣に座り、何を言うでもなく、一緒に勉強に取り組んだりしてるんだそうです。

そして、12歳の彼が書いた詩が、副島先生の心を激しく揺さぶります。

---------------------------------------------------

タイトル『僕は幸せ』


お家にいられれば幸せ

ご飯を食べられれば幸せ

空がきれいだと幸せ


みんなが幸せと思わないことも

幸せに思えるから


僕のまわりには

幸せがいっぱいあるんだよ

--------------------------------------

副島先生は「あいつ、あんな状況なのに幸せだなんて感じてたのか、と・・・・」と声を詰まらせます。
・・・



検査漬けぇ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日は朝8時から夕方の4:30まで
病院。

検査漬けだった。

聴覚
平衡感覚検査
血液検査
めまいの検査
味覚の検査
嗅覚の検査
脳脊髄液が漏れていないかの簡単なチェック
舌の撮影??
にんにく注射をして臭いがいつから感じるかを問う検査

などなど
そんな検査、はじめたやったよ!というものが多かったな。

トータル8400円也。
そんなんが月に4回もだなんて医療費破綻するわ。



ちょっとうんざり。

でも今日は、この本のおかげで
なんとか乗り切った。



おもしろすぎる。
久しぶりの、村上春樹ワールドだ。


「せんべろ」初体験♪

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

せんべろとは、「1000円でべろべろに酔える」ことが売り文句の酒場の俗称なのだそう。
立ち飲み屋、初めての体験。

飲み屋街に住む私は、違和感なし!
お酒も、料理もうまい!

IMG_4865.jpg

ユッケ、食うてしもた。
IMG_4880.jpg

メンバーは写真つながり。




全員がカメラ持っていて、どんなにへべれけになっても
誰かしら、カメラ触ってるのよね。
お互いのカメラをいじくりまくり。

しかもプリズムがどうのこうのだとか
そのアドバイスがめっちゃ高度で刺激的な時間でした。

結局4軒をはしご。

3年以上も酒絶ちしていたこの私。
よくぞ、ここまで飲めるように回復したもんだ。

よっしゃ。


<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

20110718at38p.jpg


<なでしこ世界一>各国に驚き…メディアがトップ級の扱い
毎日新聞 7月18日(月)21時9分配信

 ◇欧州「組織力の勝利」

 【ブリュッセル斎藤義彦】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)での、日本(なでしこジャパン)の初優勝を欧州のメディアは「驚き」(仏ルモンド紙、電子版)をもってトップ級のニュースとして報じた。プレーの正確さや「粘り強さ」を称賛するとともに、東日本大震災を克服しようとする「何か大きな力」(米ゴールキーパー・ソロ)が勝利を呼び込んだとの見方を伝えた。

 開催地ドイツのメディア(電子版)の多くは他の政治、経済ニュースを押しのけて日本の優勝をトップで扱った。フランクフルター・アルゲマイネ紙は、「今大会で最も粘り強いチームの組織力の勝利」とたたえた。南ドイツ新聞は、鋭い縦パスでチャンスを作り出した攻撃を「すし職人の包丁さばきのようにピッチを鋭く切り裂いた」と称賛した。

 一方、英ガーディアン紙は「3月の地震と津波でいまだに動揺している国民に、心の安らぎを与えるという偉大な目標に日本チームは常に動かされていた」と分析。米FWワンバックも「米国以上に日本はチームが勝つことを必要としていた。彼女らは決してあきらめなかった」と話した。

 ◇米国「被災地励ます」

 【オークランド(米カリフォルニア州)小坂大】日本に敗れた米国のメディアも「なでしこ」の奮闘を称賛した。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「希望と忍耐で数少ない幸運を生かして勝利に酔った日本が被災地を励ました」とたたえ、歓喜に沸く日本の様子にも触れた。

 決勝戦を全米に中継したスポーツ専門局ESPN(同)は敗れた米国の無念に多くのスペースを割きながらも「被災した日本の人々が得た充実感は熱狂的な米国のファンだろうと、だれであろうと感じることはできない」と記述。日本が特別な思いで試合に臨み、優勝が日本国民にとって大きな意味があることに理解を示した。

 オバマ米大統領もツイッター(短文投稿サイト)で途中経過の感想を投稿し続け、試合後は「日本おめでとう」と結んだ。

 ◇中国「美しい奇跡」

 【北京・成沢健一】サッカー・女子ワールドカップ(W杯)でこれまでアジア最高の成績を誇っていた中国だが、国営新華社通信は18日、日本の優勝をさまざまな角度から論評する記事を配信し、「疲れを知らぬ走りと2度追いついた強靱(きょうじん)な精神は女子サッカーの斬新なイメージを打ち立て、アジアの地位を高めた」と称賛した。

 中国は99年の女子W杯で準優勝したものの、その後は低迷が続いている。「中国サッカーへの啓示」と題した論評は「なでしこは世界のサッカーの歴史を書き換えると同時に、中国チームの灯台にもなっている」と表現し、日本の強化策やサッカーを巡る社会環境から中国が学ぶべきことが多いと指摘した。

 また、別の記事は「パワースタイルのチームを相次いで破り、テクニックスタイルのチームとして初の優勝を果たした」と評価し、「美しいサッカーと美しい奇跡は(東日本大震災で)被災した民族に自信をもたらすだろう」と締めくくった。





なでしこV (゚∀゚)

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

久しぶりに明るいニュース♪

泣けた。感動したよぉおお。

ただいま7:00AM。

野毛の街では夜中からそわそわしていて、
優勝が決まった今、歓喜の叫びが響いてる。

私も街に繰り出せばよかったな。

2014b.jpg



おめでとう。
なでしこ っていう名前がステキ。

Facebookって使ってる?

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

みなさんはFacebookされていますか?

私も2年前からはじめたものの
何が面白いのかわからず、放置状態でした。

オーストラリアの友人の利用率が高くて
本当に圧倒されます。
特に70代のホストファミリーは
親戚中がやっていて、家族の動向が逐一分かってしまうという
しかも離婚した息子は新しい奥さんの結婚式の写真から何から
全部載せてるもんだから
Facebook上で元妻とリアルでバトルがはじまった!

そしてそれを周りの家族がなだめるという・・・
なんともドラマティックな物語が繰り広げられているのです。

そんなFacebook。
海外では大ブームだけれど果たして日本ではどうなのか。
セミナーがあったので受講してみました。

デジハリオンラインスクール向けの
『はじめてのFacebook ~いまさら聞けないFacebook超入門セミナ~』 

本名で登録、出身校しかも卒業年など
個人情報丸出しのSNS。

怖いなあと思ってずっと敬遠していたのですが
セミナー受けてみて、Facebookの可能性を見た気がしました。

やっぱりFacebookって、一度でもこういったセミナーを受けたほうが
理解の仕方がぜんぜん違う。

と思った次第です。


そろそろ、本腰入れてやってみようかな。

「F-SUS よこはま」オープン記念セミナー

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

久しぶりに起業家セミナーへ行ってきたよ~。
120名の女性起業家志望には圧巻。

あまりにも刺激的で、疲れてしまった。。。けど(笑)
明日からのパワーになったセミナーでした。


「F-SUS よこはま」オープン記念セミナー 女性というパーソナリティをビジネスに活かそう!
女性がビジネスの場で生き生きと活躍できる社会の実現に向け、
横浜市では女性起業家のトータルな支援を行っており、
この度女性のためのスタートアップオフィス「F-SUS よこはま」が開設されました。

http://www.danzenyokohama.jp/woman/

この「F-SUS よこはま」のオープンを記念して、創業したばかりの女性や
将来の女性起業家を対象にセミナーが開講されます。

基調講演は「捨てる!」技術でものあまりの時代の新しい生活哲学を提唱された辰巳渚氏。
林文子横浜市長による開会挨拶や、
起業家たまご塾第2期卒業生の『Cafe Rico』オーナー重野佐和子さんによる
横浜の女性起業家紹介もあります。
また、その中で行われる交流会では、
起業家たまご塾第4期卒業生・木村さんの『ルイボスティー輸入販売  自然愛Japan』や
起業家たまご塾第2期卒業生・池田さんの『蜂蜜王国』、重野さんの『Cafe Rico』が出展されます。

父の日

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

71年間、仕事仕事で生きてきた父。
現役で今日も仕事してます。

少し、休んだら?
でも仕事が生きがい?なのかな。

いつまでも、元気で。

明日は、久しぶりの夫婦旅行。
ゆっくり休んできてください。

IMG_2883.jpg
EF100mm F2.8L マクロ IS USM (F2.8 1/30 ISO250)




IMG_2904.jpg
EF50mm F1.0L USM (1/50 F1.4 ISO400)

Dreamweaver CS5.5+jQuery Mobile

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

セミナー行ってきました。
----------
Dreamweaver CS5.5で作る jQuery Mobileを組み込んだ
スマートフォンサイト制作Adobe Dreamweaver

CS5.5 はスマートフォンサイトやアプリケーションを作成するための jQuery Mobile や
PhoneGap が組み込まれています。
スマートフォンサイト検証で便利なシミュレーターも iOS SDKやAndroid SDK を
インストールせずに利用できるのは便利です。
今回は Dreamweaver CS5.5 を利用して、実際に jQuery Mobile を利用し
スマートフォンサイトの作成をし、実践の利用テクニックをご紹介します。
----------

専門用語がバシバシ飛び交い、面食らいましたが
実際にプレゼンテーターがサイトを作っていくのを見るのは
とても楽しいものでした。

そして、あれ?意外と簡単では?
と思わせてくれました。

Adobe曰く、今年はタブレットに移行したりして
動きが早すぎたので大まかなバージョンアップはしなかったのだそうです。

だから、CS5.5。
CS6ではないのだそうです。

でもでも、それにしてもAdobe独占勝ち。



417,375円は高いだろ~。
Adobeの競合が現れてくれないと・・・


地球深部探知船「ちきゅう」撮ったどー!

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

以前のブログに書いた地球深部探知船「ちきゅう」。

ちきゅうが穴掘ったところで巨大地震が来る。
という仮説(・・?)(・・?)(・・?)



横浜に来てるっていうのは分かっていたのですが
それがどこなのか、分からないまま
捜してたけど、結局陸からの撮影は断念。

船に乗って撮りました~。
撮影専用のチャーター船だからできたこと。



ちきゅうって何?
という方はこちら。
2011.04.06 のブログ 「ちきゅう」が横浜港本牧埠頭に着岸???





_MG_6963.jpg


_MG_6923.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。