--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモス「YUKA」展 行ってきました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

館内は、一部を除いて撮影OK!

よし。撮影するぞ、
と思ったのもつかの間。

こんな感じで
甥っ子がイタズラをしだすから、ハラハラ。
撮影どころではありません。

マンモス「YUKA

3万9000年前の奇跡の大発見だろうが、甥っ子たちにはジャングルジムと同義のようで
わーい。と言いながら走り回っていましたorz


はっっと気づいたらマンモスの骨をべったり触っている!

(゚∀゚)!!!

な~んだ。よかった

【マンモスに触ってみよう】のコーナーでした。

マンモス「YUKA



この展示で一番の目玉は
YUKA(推定10才)のマンモス。

永久凍土に長く眠っていたため、脳・肉片など貴重な部位が残されているのだそうです。

ユカはマイナス15度冷凍ケース内での展示で
ここは撮影NGでした。

東洋製作所がオリジナルで作ったそうで、
クリアなガラスでくもりなし!
このマンモス達を海外から運んだ技術もすごいなあ。


発掘された時のビデオが見られるようになっていて
脳みそを採るシーンが(^^;)


脳の入っていたところです↓
マンモス「YUKA





そしてこちらは
マンモスの骨や牙と動物の皮でできたマンモスハウス

マンモス展


マンモス「YUKA」



マンモスYUKA展は9月16日まで。
国内での巡回はないそうです。
世界初公開である、この貴重な機会をお見逃しなく!
・・・だそうです。

マンモス「YUKA

特別展 マンモス「YUKA」@パフィシコ横浜

奇跡の大発見! 少女マンモスYUKAの世界初公開
2010年、シベリアの永久凍土から絶滅した1頭のマンモスが発掘されました。
シベリアの永久凍土から全長約3メートルものマンモスがほぼ完全状態で見つかったのは奇跡的です。
3万9000年前のメス(10歳)で、驚くべきことに四肢や長い鼻などがほぼ完全な状態で残っていました。
本展は、この少女マンモス「ユカ」の標本を冷凍保存のまま、世界に先駆けて一般公開します。
あわせて、マンモスと同時代に生息した絶滅動物でこれまで壁画や骨格標本でしか確認できなかった
ケサイ(サイの一種)の大型冷凍標本や、マンモスの全身骨格、
マンモスの骨や牙と動物の皮でできた家など約100件を展示します。



記事⇒ 少女マンモス、3万9000年前の姿を今に 特別展「マンモスYUKA」



マンモス「YUKA」展

スポンサーサイト

「生バラ✿コサージュ」習ってきたよ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ここのところ、「父ネタ」が続いて恐縮です。
(・・・まだまだ、続きますorz)

父のお葬式を日比谷花壇グループにお願いしたのですが
喪主である母は、喪主リボンの代わりに白い生花バラのコサージュをつけていました。

それがステキで、今でも印象に残っています。

喪主 コサージュ


* * *

その時は、コサージュって、生花で作れるものなのか・・・
と思っていたのですが、

なんと、それを初心者でも自分で作ることができる!
ということを知り、即レッスンに申し込みました。

講師は、中田 りょうこさん。
一瞬で、プロフェッショナル感が伝わってきて
花の世界へ引き込まれました。

コサージュに向くお花、材料の買い方などのアドバイスからはじまり、
コサージュはイベントの日に向けていつ頃作ったらいいのか、
暑い日のコサージュの持ち帰り方などなど、
そのレクチャーは実践に即したもので、とても分かりやすかったです。

そして、お花を使った実践へ!

レモンリーフに、「ヘアピンメソード」というやり方で
ワイヤーを通していきます。

生花のコサージュ


リボンも、こんな感じでワイヤリングしていきます。

生花のコサージュ


完成♪ わーい(^-^)

生花のコサージュ


みなさんの、完成品。

生花のコサージュ


仕上がったコサージュを実際につけてみます。
顔の近く、思ったよりも上部に付けることがポイントd(^v^)

生花のコサージュ


自宅でも直ぐに作成できるように
キッド一式と、ミニ花瓶、保冷バッグなど、
たくさんのお土産をいただいて、
ルンルンで帰りました。

お花のレッスンなんて、セレブのやること。
私はないかな・・・
なんて思っていましたが、
おケイコごとって、楽しいわ~。

お部屋にお花があるって、豊かになりますよね。


今回は、会場でのレッスンでしたが、普段はご自宅兼サロンで
レッスンをされているのだそうです。

どうやって部屋に飾ったらいいかなど
実際にイメージができるところが、素敵ですね。

今度、お邪魔したいです♥

「横浜、わたしの花教室」

ロバート・キャパ展に惹きこまれる

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

横浜美術館主催 3時間の鑑賞ワークショップ
「撮られるイメージ・創られるイメージ」へ行ってまいりました。

ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家

私はてっきり講義形式なのかな、
と思っていたのですが。
自己紹介からはじまり、初対面の人とグループワーク!ということになってあわてた。

雑誌『LIFE』の編集者になったつもりで
まずグループでキャパ展を回り
写真を数点選び、
キャプションを考え
該当写真をA3サイズの紙面にレイアウトし
最後は発表するという
なんとも強烈な課題だったわけです。


館内は混んでいました。

人の流れに沿って写真を一つ一つ観ていったら
・・・時間切れ。
日を改めて行こうという気になりました。

それほど、引き込まれました。
もうグループワークのことは二の次になって
私は写真とキャパとタローの二人にまつわるストーリーに
完全な虜になってしまったのです。



先日NHKで沢木耕太郎氏の謎解き番組をやっていて
そちらも面白かった
「崩れ落ちる兵士」の謎。

この兵士は死んでいなかった?
そしてこの写真はキャパではなくタローが撮った???

そして美術館学芸員の方が説明してくれた
日本の戦場カメラマンを例に
コンタクトシートと、実際公表された写真とのギャップの話。

撮り手が意図しないところで
それは出版社に渡り、観衆に渡った時点で
写真が一人歩きをすることがあるということ。

そしてさらにカメラマン自身の人生もとてもドラマチックに富んでいて・・・

特に、キャパの恋人だったゲルダ・タローの人生。
(「タロー」というのは親交があった岡本太郎から因んだという説も)

キャパのものよりもむしろ被写体に肉薄した彼女の写真は
本当にすごかった。
瞬間に判断する構図の完璧さはさることながら
被写体に近づくスピリットが感じられる写真に私はただただ圧倒されていました。

ほとんどが戦争の写真だったけれど
戦争写真を見ているというよりもポートレイトを見ていると感じました。

被写体ひとりひとりの人生や、ストーリーが写真一枚一枚が雄弁に語っているって感じたから
私はそれをじっくりと味わい尽くした。


「時間です」
あわてて会場に戻りグループワーク発表。

各グループの発表の後、学芸員さんが感想を言ってくれるのですが
それがまた、鋭くて作品を深く知るきっかけになって
本当に楽しくて仕方なかった。

横浜美術館、おもしろい企画するなあって関心しちゃいました。




帰り道、押し寄せる感想は、

キャパもタローも、「戦争を撮った」というよりも

「人間」を撮ったカメラマンなんだなっていうことでした。


私の勝手な独断ですが。



横浜美術館オフィシャルサイト≫
「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展

「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展
CP+ 横浜美術館のブースにて。


「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展

「レ・ミゼラブル」に圧倒された日。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

「レ・ミゼラブル」観てきました。

すばらしかった。

とにかく。

「レ・ミゼラブル」


丁寧な描写力。

役者達ひとりひとりの歌唱力。

そして圧倒的な映像美。

どれをとってもすごくて。

切なくて。
エンドロールが流れても
涙が止まりませんでした。

映画が終わった瞬間はなんと。拍手をしている人がたくさん。
映画館で拍手って初めての経験でした。


「レ・ミゼラブル」


一つの場面に複数の立場の人が
それぞれの心情を同時に歌い
一つの歌を奏でているシーンが何度か出てくるのですが
こういう表現の仕方があるのか
ととても感心しました。


スタジオ録音ではなく、芝居をする現場で歌も生録音されたのだという。
アン・ハサウェイ『夢やぶれて』1カット長回しでの名シーンは必見。

もう一度、行きたい。
久しぶりにすごい映画を観ました。


エポニーヌのOn My Ownは、切なすぎる・・・


根津美術館のnew年間パスが出た。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

先日、記録撮影させていただいた根津美術館。
ブログに、根津美術館のことを書いたら
私も好き~という方が結構いました。

年間パス「根津倶楽部」が始まったそうです♥




根津美術館と言えば、

表参道にある 隠れ家的オトナの美術館


日本庭園が、見事です。
日本人であることを、誇りに思えるひとときを過ごせます。

え、どんな感じ?
と言う方は、こちらの撮影レポートをご覧くださいまし。



雨とカキツバタと、根津美術館 撮影レポート

IMG_1352-001.jpg
根津美術館 庭園にて。2012年5月2日撮影


新しい根津倶楽部のお知らせ

美術館の年間パス「根津倶楽部」が始まりました! 
展覧会はもとより、庭園やカフェを、開館期間中、何度でもご利用いただけます。
お申し込みは、根津美術館受付にて即日会員証を発行します。
お気軽におたずねください。

A annual museum pass NEZUCLUB has just started!
Please ask the reception where you can read a bilingual pamphlet.

根津美術館オフィシャルサイト




今は、「応挙の藤花図と近世の屏風」開催中です。
5月は、かきつばたの屏風。
そして今回は藤の花。

展示作品と、庭のリアルなコラボが粋ですね。

IMG_1384_20120810214800.jpg
根津美術館 庭園にて。2012年5月2日撮影


ただいま、facebook「いいね!」がんばって増やそうキャンペーンも実施中だそうです。
https://www.facebook.com/NezuMuseum

平面構成を描いてみた。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

デザインのレッスンで「平面構成」を描いてみた。

まずはお恥ずかしいのですが私の↓ 作品
top_photo2.jpg
うれしい                      悲しい



みなさまの作品をご紹介~
ステキ☆


こちらは、かなさん作品
「聖」と「悪」
聖                          悪



こちらは、かよさん作品
Kayo-F.jpg
すっきり                      もやもや




こちらはイラストレーター:kawasakipict さん作品
平面構成1
    田舎                    都会




みなさん、短時間で個性的な作品を描きあげていて
驚きました。

すてきな作品なので、永久保存版として
掲載させていただきました☆


今日のシャドーボックス

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日はこれをやった。
お花のシャドーボックス。

1-IMG_3188.jpg


段々と、作る作品のレベルもアップしている実感。

1-IMG_3192.jpg


こちらはMIHO-KAさんの作業風景。

1-IMG_3195.jpg

そして。

ん?


なんだこりゃ~。

1-IMG_3177.jpg

発想が自由だわ。
シャドーボックスって、作品キットがないと
出来ないと思っていたけれど。


イラストや写真でも、こんな風にいくつも同じ絵を用意すれば
シャドーボックスになるんだってことを
JTさんに教わったわ。

1-IMG_3184.jpg

The アフロ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

つい先日、ロンゲからアフロにしてきた彼

1-IMG_7128.jpg







1-IMGL7684.jpg

え???

1-IMGL7673.jpg


そうなの?
いや~。驚いた。



1-IMGL7675.jpg



代わりに、そのアフロは、こっちに。


1-IMGL7613.jpg



1-IMGL7618.jpg



kawasakipict 川崎博 氏の日記発見!

「アフロの渋谷君が東急ハンズで少しはにかみながら
アフロを買っていた姿忘れません
失敗したぁ~!!切ってからにするんだった!!って言ってましたよー」
photo.jpg
イラスト提供:kawasakipict



1-IMGL7659.jpg



貴重なアフロ姿のBiooooくん。
(これはホンモノのアフロだよ)

PVはこちら。(click↓)
Bioooo"

Bioooo - Good Vibes(Bioooorhythm promotion)
「NTT東日本 フレッツ光2010」のラジオCM楽曲。

クレイアート~粘土で作るお花たち~

Posted by しいれい on   4 comments   0 trackback

クレイアートというものにチャレンジだっ。

真っ白な樹脂粘土に、絵の具をまぜて色をつけていく。

1-IMG_3756.jpg

一枚一枚花びらなどのパーツを作っていき・・・
グラデーションの色をつけていく。

1-IMG_3773.jpg

完成!!
束ねると、ゴージャス♫
1-IMG_3788-001.jpg

乾燥させると、ちょっとのことでは壊れないんですって。
講師の白岩江依子先生のアクセサリー。
思わず、これ欲しいって思っちゃった。

1-IMG_3824.jpg


それじゃあ、僕も。
ってことで?

ピアスにもできるんです。

かよちゃん、びっくりの画。

1-IMG_3806.jpg


ほれ。

1-IMG_3820-002.jpg


私の作品。
作業中、先生に「あなた、こういうの嫌いでしょ」

って言われて、図星だったから絶句しちゃった。

でも、完成作品では「成功ね」って言われて
あ~よかった。

1-IMG_3831-001.jpg



スタイリストのお勉強。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

コンセプトとテーマを決めて
そこから洋服をデザインするという課題。

みんな、超うまいのね~。
このクオリティの高さは一体なんなの?

そして

みんな、一体なにものなのぉ~????


1-IMG_1621.jpg


1-IMG_1628.jpg


1-IMG_1634.jpg


1-IMG_1615.jpg


1-IMG_1616.jpg


1-IMG_1624.jpg


1-IMG_1625.jpg


1-IMG_1627.jpg



そして私は・・・というと。

ぶははは。

笑ってくださいまし。



1-IMG_1631.jpg

インカ帝国展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

インカ帝国展行ってまいりました~。

1-IMG_0639.jpg

混んでたよ。
チケットを買うだけで長蛇の列。
上野駅でチケットはGETするのを強くおすすめします。

前知識ゼロでしたが、結構楽しめました。
3D映像や、突然のミイラの本物なんかがあったりして
古代の神秘を満喫。


1-IMG_0645.jpg

マチュピチュ、行ってみたい~。




そしてその足でユベール・ロベール展へ。
構図の勉強として絵を見るとおもしろい。

1-IMG_0652.jpg



~3/28追記~

そういえば。
インカ帝国展のPR、友達が手がけてることに今気づいたよ~。
大学の水泳部時代の同期。

改めて彼女の活躍には脱帽する。

hilo Press(ヒロ・プレス)の鎌倉かおる氏。
http://hilopress.jimdo.com/

シャドーボックスに挑戦

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日は、セレブ気分で?シャドーボックスの写真立てづくり。

お花の部分をカッターで切り抜いて重ねていく。

1-IMG_0403.jpg

こんな風に、立体的になるように。

1-IMG_0410.jpg


できあがり~
1-IMG_0408.jpg

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

恵比寿ガーデンプレイスに行ってみたら

うわ~。

思わず叫びそうになった。

IMG_0405.jpg


もう、そんな季節なのですね。

light-1.jpg


IMG_0391.jpg

バカラ250灯シャンデリア
『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』

今回展示するシャンデリアは、フランス・バカラ社のもので、高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8,472ピース、ライト総数250灯の世界最大級を誇ります。
250灯シャンデリアは、1994年にバカラ創設230周年を記念して制作された230灯のシャンデリアをベースに20灯分の灯りを増やしたものです。
この250灯シャンデリアの制作には、計67名もの職人が携わり、約5,380時間もの時間を要します。
バカラの光とキラメキを象徴する傑作といえます。



bakara.jpg


IMG_0416.jpg


ウェスティンホテル東京
世界のセレブ御用達のホテル。一泊5万~とか?

ゼクティブバー「ザ・バー」へ。

ハイビスカスティー。
1600円也。
ひと時、セレブ気分♪

IMG_0328.jpg

夢は、直ぐに醒めるけど・・・。


映画「ひろしま」@広島~10/21

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画:被爆直後の「ひろしま」描く 半世紀経て“原点”で公開--きょうから /広島

 ◇きょうから中区「八丁座」
 原爆投下8年後の1953年に公開され、被爆直後の広島市民の苦悩を描いた映画「ひろしま」(関川秀雄監督)が1日から、中区の映画館「八丁座」で上映される。公開当時、広島で初めて上映されたのは、現在の八丁座の位置にあった「福屋劇場」。半世紀以上を経て、“原点”の地に戻ってくる。【寺岡俊】

 「ひろしま」は、原爆の惨劇を体験した少年少女の手記「原爆の子」が原作。物が手に入りにくい時代、地元教諭らが中心となって制作費を集めた。エキストラとして市民約9万人が参加。被爆者も少なくなかったという。55年のベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞したが、日本での知名度は高くない。制作当時、大手配給会社から配給を拒否されるなど、小規模上映となり、「幻の映画」とも言われている。

 公開に先立つ30日、「ひろしま」の監督補佐だった故小林大平さんの長男で、映画プロデューサーの小林一平さん(64)が記者会見。「再び広島で上映できることに、天国にいる大先輩たちも大変喜んでいると思う」と語った。小林さんは、この映画を世界に広める活動をしている「奇跡への情熱(核廃絶プロジェクト)」の代表。立命館大生の協力のもと、英語字幕版DVDも製作し、今年5月にスペイン・バルセロナで開催された国際平和博物館会議で、字幕版が初上映された。

 フィルムは劣化しているため、小林さんは音声や画像を修復し、制作当時の完全プリント制作と、外国語字幕版制作のための募金をしている。「ひろしま」の上映期間は21日まで。

毎日新聞 2011年10月1日 地方版

今夜 フェルメールの番組やるよ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

フェルメール展に行った時の、興奮が忘れられない。

今夜BSでフェルメールについての番組がやるみたい。


NHKBSプレミアム 2011年8月29日(月) 21時00分~21時57分
極上美の饗宴 シリーズ美女「フェルメール“真珠の耳飾りの少女”」

17世紀、オランダの画家フェルメールが描いた名画「真珠の耳飾りの少女」。今も時代を越えて世界じゅうの人々から愛されている。その魅力はどこにあるのか? 写真家・篠山紀信は、少女の印象的な瞳に注目。写真による絵の再現に挑み、美の秘密に迫ると、写真の時代を先取りしたような光の表現が明らかに! さらに衣装の色、視線の向きなど、専門家たちによる最新の研究成果を取材し、極上の美の世界を多角的に探っていく。


映画「ひろしま」上映決定 @渋谷

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画「ひろしま」。
広島原爆投下7年後に市民と共に作られた未公開映画です。

映画『ひろしま』の鑑賞は、世界の非核化のために残された大切な文化遺産だ。
いや、それは単なる遺産ではなく、私たちが活用すべき資産でもある。
(立命館大学国際平和ミュージアム 名誉館長 安斎育郎)



記憶遺産に認定されてもいいのでは?
と思うくらいの作品です。


先日 記者会見の模様を撮影させていただいたのですが
なんと渋谷で上映が決定!
じわじわと、広がっている様子。


東京新聞 2010/4/9「奇跡への情熱プロジェクト」掲載記事

写真は、右から
このプロジェクト代表 小林氏。このプロジェクトにかける想いは熱いです!!
撮影師匠の 能勢広氏。撮影チームをひっぱるリーダー。
お世話になってる&いつもシュールな奥平氏
hiroshima_20110730114418.jpg
「オーディトリウム渋谷」
1945年8月6日。いまよみがえる原子雲の下の真実。
58年の時を経て、幻の映画が奇跡の再公開!

映画 ひろしま
1953年/104分/35㎜・デジタル/モノクロ
製作:伊藤武郎 監督:関川秀雄 脚本:八木保太郎 音楽:伊福部昭 撮影:中尾駿一郎・浦島進 監督補:小林大平 助監督:熊井啓
後援:世界平和市長会議 日本原水爆被害者団体協議会
配給・宣伝:奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト
宣伝協力:カプリコンフィルム
出演:月丘夢路 岡田英次 加藤嘉 山田五十鈴 原保美 利根はる恵 河原崎しず江 徳永街子 月田昌也
1955年ベルリン国際映画祭長編映画賞受賞
2011年8月6日(土)ー8月26日(金)特別ロードショー!

■上映スケジュール
8月6日(土)18:00-
8月7日(日)13:20-/16:30-/18:40-
8月8日(月)13:20-
8月9日(火)13:20-/15:30-/18:00-
8月10日(水)ー8月19日(金)13:20-/15:30-
8月20日(土)ー8月26日(金)13:20-
※8月6日(土)のみ35mmフィルムでの上映。その他の回はデジタル上映になります。


■トーク
※8月6日(土)18:00の回
熊井明子さん(エッセイスト、ポプリ研究家 映画監督熊井啓氏夫人)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)

※8月7日(日)13:20の回
坪井直さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員 広島県原水爆被害者団体協議会)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)

kob-2.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF24-105mm F4L IS USM (89mm 1/100 秒 F4.0)

小林一平代表ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/pepe_le_moco_0123

「奇跡への情熱」公式HP http://hiroshimaproject.sblo.jp


渋谷以外でも、続々と上映
1953年当時ほとんど劇場公開の機会に恵まれなかったこの作品が
2011年に3週間、劇場公開されるのは、画期的なことです。
是非この機会にご覧ください。

上映予定
①長野県・松本市 7月30日(土) 
シネマセレクト 時間未定 
 問)シネマセレクト 0263-98-4928

②東京・渋谷 8月6日(土)~8月26日(金) 
オーディトリウム渋谷 
 問)オーディトリウム渋谷 03-6809-0538  http://a-shibuya.jp/

③大阪 8月2日(金)~9月2日(金)
シネ・ヌーヴォⅩ 
 問)06-6582-1416  http://www.cinenouveau.com/

④兵庫・宝塚市 8月12日 シネマピピアめふ    
問)0797-87-3565  http://www.cinepipia.com/




この後も、どしどし上映会を企画していくとのことです。

上映会希望の学校・団体様、募集中。

映画「ひろしま」を上映してほしい!という方、お気軽にご連絡してみてください。

kobayashi(アットマーク)kuroshio-bottle.org


動画・予告編はこちら。
http://www.ustream.tv/channel/hiroshima-movie

平井堅 JAPANESE SINGER exhibition 2011

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

行ってきました。銀座へ。
巨大ボールオブジェが。。。

IMG_2342.jpg



個人的には私はこのスナップが好き。
がんばってるニッポンのサラリーマンを象徴してるみたいで。あは。
おじさん、ごめん。
IMG_2338.jpg

1階エントランスホールでは、こんなものがあって・・・

IMG_2319.jpg

平井堅 等身大 人形・・・はて?
IMG_2329.jpg

未公開の記念盾なども・・・(・・?)
IMG_2330.jpg

まあ、お茶目な色を出したいのね。と勝手に理解した。

1階 パブ・カーディナルでは「JAPANESE SINGER」コラボレーションドリンクが。

IMG_2321.jpg

キャッチコピー『生まれてこのかた、純国産。(ジャパニーズ)』  !!!

IMG_2326.jpg


そしていざ、映像ゾーンへ。


大きいスクリーンで見るミュージッククリップは、映画のように、楽しめました。
こういう、見せ方・プロモーションの仕方もあるんだ・・・とちょっと感動した。

室内はこんな感じ。
「平井堅 JAPANESE SINGER exhibition 2011 Supported by Sony and DefSTAR Records」
8F OPUS(オーパス)内の様子



映画『星守る犬』の主題歌のミュージックビデオでは、不覚にも泣いてしまった。。。
ミュージックビデオでやられるとは・・・





イベントの詳細はこちらをご覧ください。

■ 昨年京セラドーム大阪で開催された
  『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.4』のド迫力ライヴ映像
■ 楽曲の魅力を更に引き立てるミュージック・ビデオと貴重なメイキング映像
■ 昨年ニューヨークで開催された『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.3
  Ken's Bar in N.Y.』の貴重なライヴダイジェスト映像
■ 平井堅が主題歌を担当する人気ドラマ『JIN-仁-』の初回放送でのみ放送された
  貴重なエンディング映像(※こちらの映像のみ6/16(木)からもご覧いただけます)







リリースされたのは3種類あるのですが、この中で、おススメはこれ。
JAPANESE SINGER(初回生産限定盤A) \4,800(tax in)
■特典DVD:昨年末に行われた一夜限りのフルバンド・ライウ゛ 『Ken Hirai 15th Anniversary Special!! Vol.4』@京セラドーム大阪から 代表曲「瞳をとじて」「POP STAR」などを含む132分18曲を完全収録。




インタビュー記事
http://natalie.mu/music/pp/kenhirai/page/6

デンデラ試写会

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

デンデラ試写会 銀座へ行ってきました。 母と一緒に。

仕事一筋の母は70歳。
丁度この映画の設定も70歳だから、見たいというのを聞いていました。

母と一緒にお買い物に行くことなんてめったにないし、
ましてや映画を見に行くなんて、
この年にして生まれてはじめてのことなのでした。

ちょっと早く着いたのでKIMURAYAで、ランチ。
IMG_1276.jpg
TAMRON 18-270mm(B008)
コールドスープ、うまかった~

日替わりランチメニュー。この日は、これ。
IMG_1280.jpg
TAMRON 18-270mm(B008)

試写会って、こんなに豪華なのかと思うくらい
マスコミカメラ陣がたくさん。
会場に雪が降る設定など、楽しみました。

そして本編。
てっきり涙ものなのかなと思い込んでいた私はちょっぴり肩すかし。。。
私個人の感想は、もっと深い部分に触れて欲しかった。
終始、クマとの闘い。。。
娯楽、ファンタジー、ホラー??というつもりで行くとがっかりしなくていいと思います。

今回まさか、2人で映画鑑賞に銀座まで行くとは。。。
初めての母娘 映画鑑賞の幸せなひと時でした。

没後80年金子みすゞ展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

『没後80年金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい~』行ってきました。
学芸員の解説を聞いて、涙がこぼれそうになった。

26歳で、3歳の子供を残して自殺をした金子みすゞ。
娘ふさえはまだ健在で、この展覧会にも何度も来ているのだそうです。
母親に棄てられたと思っていたけれど
『南京玉―娘ふさえ・三歳の言葉の記録』 にて母が残してくれたことばが
その当時の母の愛情を感じられるようになったと語ったのだという。

4時間、じっくり金子みすゞワールドに浸った。
IMG_9698.jpg







     「大漁」

     朝焼け小焼けだ
     大漁だ

     大羽鰮(いわし)の
     大漁だ


     浜は祭りのようだけど

     海の底では何万の
     鰮(いわし)のとむらい
     するだろう

                             (金子みすゞ童謡集より)


私の中で、強烈に印象に残っている詩。





 『没後80年金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい~』
  ■□■■□■横浜会場■□■■□■
 ●とき 平成23年5月14日(土)~6月5日(日)
 ●場所 そごう美術館(そごう横浜店6階)
 ●入場料 大人800円  大・高生600円 (中学生以下無料)
お問合せ先:そごう横浜店 TEL045-465-2111
今回は、3冊の遺稿手帳や新たに発見されたみすゞさんの少女時代の写真が公開されるほか、
63名の著名人によるメッセージや作品などが展示されます。



ルノアール展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ルノアール展行ってきました。

最終日のフェルメール展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

やっぱりどうしても最後に見ておきたいと思ったので
めまいとふらつきで体調は最悪でしたが行くことにしました。
DSC_0299.jpg PM4:00過ぎ。 雨が上がってよかった。

絵みたいな空でした。

DSC_0304.jpg      DSC_0300.jpg

DSC_0306.jpg    みな、続々とフェルメール展へ向かいます。


DSC_0305.jpg    やっぱり、何度見ても飽きない。


DSC_0313.jpg   ただ今16:24。

今日は16:30で閉館なのにこの行列。

さっきまで、冷たい雨が降ってたのにみんな並んだのでしょうか。

すごい熱狂振りですな。

 

閉館を知らせる音楽が流れる。

でも、18時になってもどんどん人が入ってきます。

もっと、見ていたい。

あ~でもヨガに遅れちゃう(*_*)

 

後ろ髪を引かれる思いで、美術館をあとに、家路へ大急ぎで向かいました。

 

フェルメール、満喫した~♪
 

2009年2月6日に、新しいDVDが出るそうです。

美術探偵ドキュメンタリーだって。楽しみ
DVD 消えたフェルメールを探して

 


現存するフェルメールの作品は35点。そのなかで「合奏」という作品だけが見れなくなっているのは、盗難に遭ったからだった。1990年の春、ボストンにあるイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に警察官に扮した2人組が侵入し、13点の美術品を奪うという事件が起こった。そこに、フェルメールの「合奏」が含まれていたのである。ガードナー美術館は500万ドルもの懸賞金を出したものの、時が経っても盗まれた美術品は戻っていない。名作のあった場所には、今、空の額だけが掛けられていて…。
ボストンの美術館から盗まれたフェルメールの名画をめぐって、収集家や美術品泥棒など、さまざまな人物の想いが交錯していく美術探偵ドキュメンタリー。盗難事件に関わった者として、アイルランド系地下組織の大物や米国上院議員、元大統領の名前まで挙げられ、日本人コレクターによる依頼だという説もあったという。ハロルド・スミスの捜索を通して、美術品犯罪の全貌に迫る。

フェルメール展&ピカソ展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

真珠の耳飾りの少女 で有名なフェルメール。

その美術展が 12/14(日)最終だと知って慌てた。

しかもピカソ展も、これまた12/14が最終ときたもんだ。

これは何が何でも行くしかない

と思って行ってきた。


国立西洋美術館(エプソン)も回ったので
今日1日で4箇所の美術館を制覇。

感想は・・・

なんといっても、

楽しかった。

美術館で、こんなに興奮したのって初めて。

今、美術館では音声マイクをつけて解説聞きながらまわるのが主流なのかしら。

超久しぶりの美術館&東京なので浦島太郎状態です。

ちなみにフェルメール展は、70分待ち。一瞬、長蛇の列にひるみました。

でも、並ぶだけの価値はあります。

今日回ったコースは、

エプソン美術館。 常設展だったので、これはいつでも行けるので今日じゃなくてもよかった(笑)  モネの睡蓮画などがありました。

上野のフェルメール展。 ものすごい人で、密着度は限界!半数以上が、マスクしてました(*_*)

上野から西日暮里→千代田線で乃木坂。国立新美術館 ピカソ展

徒歩で六本木のサントリー美術館 ピカソ展


撮影の構図の参考にもなったし
画家の絵に込める心境などもマイク解説で聞くことができて
本当に楽しめました♪

この解説を聞くのにはイヤホン貸し出し500円かかって

3件回ったとして1500円也。


これから行く人はぜひ、この解説を聞いてみて!
アナウンサーが上手だし、音楽も素敵。

新たな美術館めぐりの楽しさを発見しました。

中には、そりゃ深読みしすぎだろってつっこみたくなるケースもあったりするんですが
それもまた楽しくって。

写真もそうなのですが

作品を見るときに、あれこれと説明するのは、作品をつまらなくさせてしまう
という意見もある。確かに。

でも私は、そのアーチストの舞台裏に、超興味がある。
だから私、映画のメイキング映像なんかが本編よりも好きだったりするんだよね。

興奮さめやらぬ状態で、売店へ。
ポストカードだの、画集だの、いろいろ買いすぎてしもうた。

みんなも、この不景気だというのに
バンバン買っていた。
特に、フェルメール展。

おそるべし。

フェルメールとピカソの映画を過去に観ましたが
改めてじっくりと観てみよっと。

【フェルメールに関するDVD】

   フェルメール 奇跡の光を描いた画家

   真珠の耳飾りの少女

   オランダの光 

-------------------

【ピカソに関するDVD】

   ミステリアス・ピカソ ~天才の秘密 

   ピカソ - マジック、セックス、デス 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。