--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が「人の内面を撮る」理由。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

私は、人を撮る時、「人の内面までをも撮る」ことを最大のテーマとしているのですが
その原点となったのは、ビデオ撮影時代の師匠、能勢広氏の影響が大きかったと言えます。

下記は私が事故で怪我をして体が思うように動かなかった時、
ビデオ撮影を断念し、スチール撮影へ切り替えようとしていた頃の日記です。

これから映像でやって行こう!としていた矢先だったので
本当につらかった。
今から4年半以上前。私のピンチ時代の日記です。

師匠からのこたえ。 2009年1月23日の日記より

「映像撮影は無理」って敗北宣言?した日記を
師匠が見たら何て言うんだろう
って、正直どうしようどうしようと動揺していました。

そしたら師匠からメールが届きました。
遠い撮影現場から。



~中略~
・・・・・そんな中 一番大事な事は自分は何故 撮影をしているかと言う事を
忘れないようにしています。
技術的に自信が無くても、自分にしかできない事があると言い聞かせて、
カメラを回しています。

撮影は人生です。
カメラが立派でも、自分が無ければ、撮れない。
僕は弱い者の叫びを代弁したい。

田中さん、あのね、田中さんの役目って言うものがあると僕は思うんです。
同じ境遇の人とか、病気で悩んでいる人、
田中さんはその人達の気持ちが分かる人なんです。

カメラなんか、指カメでもいいんです。
頭に付けたオンボ~ドのカメラで撮影してももいいんですよ、
映像は田中さん自身の心だと思うんです。

今かかっている病気は、もしかしたら神様から田中さん与えられたものかもしれません。
自分を生かして、弱い立場の人を助けてあげてください。

帰ったらお話しましょう。
それまで僕は自分の出来る、表現に挑戦します。
ブログを読んで、長文書きました。お節介でいつもすみません。
おやすみなさい。

ビデオカメラから、スチールカメラへ。
カメラの形態は変わっても、
私のマインドを失わなければいい。
師匠がそう言ってくれて、めちゃめちゃほっとした。

これからはスチールで、私の目で見て
心で感じた世界の一瞬を、撮っていこうと思う。



私のピンチ時代を知っている、
そして今もお世話になっている
熱い師匠とは・・・

日本ビデオ撮影アカデミー 校長 能勢広.氏です。

能勢広 村上浩康
(左)能勢 広氏 (製作・撮影) (右)村上浩康氏(監督・編集)

写真は、能勢広氏が11年の歳月をかけて完成した映画『流 ながれ』上映会後のスナップです。

『流 ながれ』
■ 2012 キネマ旬報 ベストテン 文化映画部門 第4位
■ 第53回科学技術映像祭 文部科学大臣賞
■ 2011 日本映画テレビ技術協会 記録映像部門 映像技術賞

スポンサーサイト

マイハピネス フォトコンテスト入賞

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

明治安田生命マイハピネス2012 佳作入賞いたしました。
私がめざすべき写真は、マイハピネスに出ているような写真。

撮影者が、被写体の空気と同化している写真。

だから、入賞を聞いたときはとってもうれしかったです♥
総応募点数は71,802点だそうです。

かなり、痛々しい写真を、選んでいただいてびっくりと同時に感謝です。
ありがとうございます。

マイハピネス2012


父は丁度、この1ヵ月後に亡くなりました。

孫にあたる甥っ子を父はかわいがっていました。


上の写真の数コマ前、父は泣いていたのです。

マイハピネス フォトコンテスト

父の涙を見たのは、今回が初めてです。

私たち家族は、父の生の残りの時間を、告げるべきだったのでしょうか。
それを、いまだに私は考えてしまいます。

でも。

父は何もかも、分かっていたのかもしれません。



フォトフレームが送られてきました。
TV CMで流れている小田和正氏の「たしかなこと」のオルゴールが流れます。

マイハピネス フォトコンテスト

改めて、この歌詞を味わっていたら
すごいシンクロして、夜中に大泣きしてしまいました。



以前、父に「私のことなんて、全然考えてくれてない」
なんて言葉を言い放ったことがありました。

その時父は、それは違うと、本気で言っていたことを思い出しました。


今は、父がどんなに私たちを愛していて
それだけのために生きていたか、

その愛の大きさを感じています。

ナチュラルポートレイトとは?

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

フォトグラファーになる前の私はごく普通の会社員でした。
6時定時に仕事を切り上げ、
会社の外へ一歩出たら、仕事のことは忘れプライベートモードに切り替える。

休日は、どこの海へ潜りに行こうかと
そんなことばかり考えている毎日でした。

そこから、フォトグラファーへ転身。
写真学校を出たわけでも、
スタジオで働いたという経験もありません。

だから私はカメラの知識ゼロ。
基礎も、ルールも、持ち合わせていませんでした。

今、学校写真の撮影をする機会があり
そこは、撮影上の制約や掟みたいなものが存在します。

人物の頭を切っちゃいけなかったり
露出も暗すぎたり明るすぎたりするのはNG。
ストロボで、くっきりはっきりと写っているのが正解とされます。

今までの私の写真は真っ向から否定される世界なのです。

その世界は、今まで自由に撮っていた私にとって
とてもとても苦しかったりします。


「写真としてなっていない」と、言われて軌道修正した撮影をし
この世界に居続けたら、私はつぶされてしまうかも。

と思ったりもします。


一方で、

写真のことを何も知らないことが、私の強み

なんだってことに最近気づきました。

写真の世界のタブーを知らずに自由に撮っていたから
新しい独自の路線を撮ることができるって。



自分でしっかり意識して守らなくっちゃ。

人から何を言われようが、
私は私の写真の世界を大切に貫いて行きたいなって
思っています。


natural portrait * seeray photo




natural portrait * seeray photo




natural portrait * seeray photo




natural portrait * seeray photo




ナチュラルポートレイト seerayphoto




海辺でナチュラルポートレイトを体験してみませんか?
通常価格の半額以下で体験できます。

≫5/27(月) こころみカフェ✿撮影会のお知らせ

被写体と対峙する。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

祭の撮影をしている時、ひとりの少女と出会った。
私がカメラを向けると、たいがいの子どもはピースをしたり
少なくともにこっと笑って表情がゆるむ。

だが、その少女は表情をくずさず、じっとこちらを見ているだけだった。
はじめは写真を撮られるのが嫌なのかと思ったが、どうもそういう感じではなかった。

少女はいつまでも私の方をじっと見つめ、一度も目をそらさなかった。


カメラを通して少女と無言の会話がはじまった。

私は驚きと尊敬を持って、夢中でシャッターをきった。
ふと突然、あるフレーズがよぎった。


「私が、木を見ているのではない。
 木が、私を見ているのだ。」

高校生の時に、出会ったポール・セザンヌの言葉。
当時、この意味がさっぱりわからないでいた。

だが正に今、それが実体験の言葉として置き換わり、
私に迫ってきた。

「私が、少女を撮っているのではない。
少女が、私を撮っているのだ。」

何十年も前に耳にしたセザンヌの言葉が、実体験の言葉に置き換わり
すんなりと自分の中に入ってきた瞬間だった。

絵を描くこと、写真を撮ること。
そこには必ず、被写体が存在する。

それは時に、闘いとも言える「被写体との対峙」であり、
その表現活動は全て、作家の心理作業の連続である。


「被写体としっかり対峙できてるか」
ひとりの少女の瞳は、今後いかなる撮影の場面で私に問いかけてくるに違いない。


少女 被写体と対峙する seerayphoto

ホームページに顔写真、載せていますか?

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

先日、異業種交流会というものに初参加いたしました。
朝の7時から、シェラトンホテルにて。

その中に弁護士の方がいらっしゃいました。
その方のお話がとても印象的だったので、紹介しますね。

「ホームページや名刺に顔写真を載せることによって
毎日営業回りをしているのと同じような効果が生まれる」

これは、目からうろこでした。

特別な商品を売らずにただ顔を出すために来る営業マンっていますよね。
え?何しに来たの?というような。
例えば生命保険の営業員は商品を売らずに
休み時間にひたすら飴を配ったりしています。

私はこの営業戦法は、何度も足を運ぶことによって
「誠実さ」という印象を与えることが目的なのだと思っていました。

でもそれ以上の効果があるのだと、この日気づきました。

距離感や、ガードが無くなる、すりこみ?
そんな心理的な効力をねらった戦略なのだということ。

うん。確かに。これは効果的かも。

と、思います。


でも、経営者や起業家は毎日営業はしていられないですよね。

では、どうすればよいか。

その弁護士は言います。

顔写真つきのホームページが有効とのこと。

ホームページに顔写真があることによって
消費者はその会社に親しみをおぼえる。

確かに。facebookがそう。
たとえ一度会っただけでfacebookでつながると
なんだかとても親近感をおぼえてしまうのは私だけではないと思います。

その秘密は、毎回表示される「プロフィール写真」の威力。

顔写真があることによって
見る側はその人と対話している錯覚に陥るのです。

こちらが積極的に足を運ばなくても
消費者に営業周りをしているかのような
親近感をおぼえてもらえる効果がある。
ホームページや名刺にも顔写真を入れることをお勧めします。

という弁護士のプレゼンでした。


実際はもっと説得力があったような(汗)


よく、起業家のサイトにはとにかく顔写真をいれよ!
というアドバイスは聞きますが
ここまでプロフィール写真の重要性を指摘してくれたのは初めて。

途中、私の弁護をしてくれてるの?
と錯覚してしまうほど。

そんなプレゼンをされた弁護士とは?こちらの方です。

≫ITインターネット弁護士.com 弁護士 藤井 総 氏

「中小企業にこそ、顧問弁護士を」というキャッチで頼もしい。
料金とサービスが明示されていてITに強いというところが、無敵な感じがします。

藤井弁護士、ありがとうございました。




みなさまもプロフィール写真を自社サイトに掲載してみませんか。
恥ずかしがらずに。

私がプロフィール写真を撮る時にいつも心していることは
「その人のパーソナリティが出ているかどうか」
ということです。

スタジオなどで撮る目線ばっちりキメ顔の
「きれいな写真」ではないかもしれません。

声が聞こえてきそうな、

もっと言うと

その人の感情や性格まで映し出すような、

そんなプロフィール写真をめざしています。

ナチュラル ポートレイトを撮る≫ プロフィール写真 撮影料金



かく言う私は、かたくなに顔写真載せてなかったりする。

・・・オチがここで、スミマセンorz



キッズ時計♥パートナースタジオ提携!

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

seeray photoが、キッズ時計のパートナースタジオ提携となりました。

partner.jpg

「パートナースタジオ」と言っても
しいれいphotoは、スタジオはありません。

地球がスタジオ!

きっぱりっ。

自然光を活かした撮影を心がけています。


キッズ時計のサイトは月間訪問者数100万人

なんだそうです φ(・ω・ )めもめも


すでに出演されるキッズは決定しています。
かなりの競争率だったとか。

当選された方、おめでとうございます。



撮影日まであとちょっと。
キッズ達に会える日を、楽しみにしています。


-------------------------------------------------------- ♥ --
ナチュラルな、キッズ写真撮ります。

出張撮影@横浜 seeray photo
✽ 撮影プラン・料金 ⇒こちら
✽ 撮影のお問い合わせ⇒ しいれいphoto まで。

-------------------------------------------------------- ♥ --

三渓園フォトコンテスト入賞しました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

いつもは人物撮影がメインなのですが
今回、風景写真が入賞ということでうれしいです♪

これは今年の6月に家族で「行こうか」
と、思いつきで行ったら
偶然にもハナショウブが咲いていて
あまりにもきれいで感動しながら撮ったものです。

2012/6/21のブログ ハナショウブ@三渓園

IMGL5712-002.jpg
第22回三渓園フォトコンテスト「彩紫」


作品展が明日から三溪記念館 第3展示室にて開催されます。(10月6日~12月17日)

詳細:三渓園オフィシャルサイト

コーチング体験してみました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

コーチング セッション初体験です。どきどき。

実は私。大学で心理・教育を専攻していて
コーチングやカウンセリングにはずっと興味があり
大学生の頃、コーチになりたいってセミナーを受けに行ったこともありました。

でも、その当時は「ふーん」という感じでよく分からなかったのでした。
いかがわしい匂いもあったりしたもんで(汗)

あれから何年経っただろう。。。

今日。
体験で受けてみない?というお誘いで
実際にセッションを受けてみました。
今はSkypeがあるから便利ね~。



まず、私の今の悩みをぶちまけてみた。

私の一番の悩みは、撮影後の写真セレクトに膨大な時間がかかること。
一回の撮影に1000枚以上撮って、その中からセレクトをすると
納品まで、丸一日どころか何日もかかってしまうことも多い。

通常の撮影だったらポージングを指示して
自分の目指す理想の写真(型)へ被写体を近づけていくのだけれど

私はどうしてもそれができないし、自分自身、その手法は嫌なのだ。

被写体が自由に動くところを捉えたい。

そうなると、自分が動かなくっちゃいけないし
予想がつかないからカット数も何倍にもなってしまう。

そんな愚直なやり方をしているカメラマンは少ない。
効率がたいへん悪いのです。

だったらどうしたらいい?

ってコーチに問われて

え?・・・。

やっぱり。

「今のスタイルは変えられない」って思った。

そしてさらに、正にこれが

私の強みなんだってズバリ指摘された。

自然な姿を1000枚以上撮ってくれるところなんて少ないよ~

って。
あ、そっか。
私はこれでいいんだな、って思った。


なんかね、自分の一本の軸みたいなものを気づかせてくれる感じ。

私は、起業家撮ったり、ファミリー、イベントなど
いろいろな被写体撮っていて、
写真教室などもやっているけど
でも、一番の軸を知っていれば、立ち戻ることができる。

その軸というものは、一体何なんだってことを考えさせられた。

「しいれいは社会にどんなことを提供したい?」

って問われて、

その人の宝になるような写真。
「ああ、これがこの人だよね」っていう写真が撮りたい。

その人の生き様や、人格そのものが溢れて伝わってくるような
そんな写真を提供したい と思っている。

って改めて自問自答してみて
それを実際に声に出してみて、再認識したのでした。

「コーチング」っていう言葉は聞いたことがあっても
実際自分が受けてみないと
具体的な内容が良く分からない人が多いと思う。

冒頭に書いた「いかがわしさ」みたいなものは全くなかった。

石崎コーチは、理系出身。
論理的に、私の発した言葉を受け止め
分析し、そして私自身の気づきへと導いてくれる。

でもそれは決してドライな感じじゃなくって
ちょっと、自分にとってツボみたいな部分を
押してくれてなんか泣きそうになっちゃった。

そんな、不思議なセッションでした。

人は4つのタイプに分けられてそのタイプに合った対処方法。
スピード命と品質重視のタイプがいること。

自分に締め切りを作るなどの「構造化」を課していくこと

イメージすることの効力など、

とても共感する話題で、充実した60分間のセッションでした。


興味のある方は、一度試してみるのをお勧めします。

ブログ「ワーキングマザーコーチ・石崎舞子の”ご機嫌ママキャリア”」

ワーキングマザーコーチ石崎舞子

しいれいphoto プロフィール

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

seeray photo profile

P5057956-001.jpg


横浜の出張フォトグラファー。

大学卒業後、会社員(広報・広告制作・CSR部門)、
オーストラリア小学校での日本語教師などを経て、
タイ・タオ島にて水中撮影と出会う。

一般ゲストのダイビングシーンを撮影し、思い出を提供するという
ヨーロピアンスタイルに衝撃を受け、イギリス系水中映像会社でノウハウを習得。

オンリーワンの水中撮影DVDを販売し好評を得る。

帰国後は映像カメラマン能勢広氏に師事。

ドキュメンタリーのビデオ撮影技法を取り入れ、
ストロボ・ポージングを控えた家族ポートレイトや生前遺影写真など、
究極のナチュラルフォトを提供するため奮闘中。


☑ 2012年3月: エプソンフォトグランプリ2011 入選


seerayphoto500px_20120426113020.jpg

✏ しいれいphoto(出張撮影@横浜) facebookページは こちら⇒☑

このブログについて、私について、何かコメントがありましたら
下記お問い合わせフォームをご利用ください。
取材、コラボのオファーなどお気軽にコメントくださいね♪

直ぐにお返事を書くようにいたしています。
2日経っても回答がない場合は、たいへんお手数ですが
seerayphoto@gmail.com までお願いします。
しいれいphoto お問い合わせ

日本語教師時代@オーストラリア

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

オーストラリア、ブリスベンから内陸に2時間ほど行ったところに
Toowoombaという町があります。

今から17年前、Toowoombaにある小学校で日本語教師アシスタントをしていました。


英語は全くしゃべれなかったけれど、

私はこの地で、かけがえのない人たちと一緒に過ごしました。

_MG_8783.jpg



_MG_8784.jpg

校長先生のお宅にホームステイをしていたのですが
そこには小学校5年生の男の子がいました。

彼は、ちょっとシャイだけど
とても気持ちの温かい子です。

_MG_8786.jpg

彼の名は、ドミニック。

家族でバリナというところへカヌーに乗った思い出です。
彼が描いてくれました。

_MG_8819.jpg


その、彼がなんと日本に遊びに来るというのです。

フィアンセを連れて。
もしかして、これがハネムーンなのかも。



明日、17年ぶりの再会です。


私の中では、ドミニックは小学校5年生の、少年のままです。



うわ~。明日再会。

ドキドキです。




つづき
17年ぶりのハグ http://seelay.blog137.fc2.com/blog-entry-1306.html





丸の内にて想う。。。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

手作りケーキのプレゼント。
めちゃ、うれしかった。
かよちゃん、ありがと~。

1-IMG_5171.jpg


そして今日、またまたKアネゴよりケーキのプレゼントだ。

わーい。
コレド日本橋のカフェにて。

いろんな話をした。

1-IMG_5183.jpg

さくら通りを散策してみる。

丸の内のOLかっこええ。


1-IMG_5188.jpg


私もひと昔、ここで証券会社OLしてたこともあったな~。
本社の広報部。

すごく、居心地がよくて、
職場のみんなも楽しくて。

だけど。だから?

このままじゃ、だめだと思って辞めた。
私はカメラマンになるんだ!

って、辞めた。


1-IMG_5193.jpg


あれから。

波乱万丈。
いろいろなことが起こった。

年収は、信じられないくらい下がった。

でも。

今の自分を後悔してない。
フォトグラファーは、私の天職だと
言い切れる。


1-IMG_5206.jpg
日本橋三丁目さくら通り

人の心が染みました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ヘビーな出来事。

ちょっとこれは私自身キツかった。


でも。

こんな時こそ、人間の本質って見えるものなんだな

そして。

支えてくれる仲間のありがたさを
今回ほど感じたことはありませんでした。


今日は、台風なのに閉店まで

私の気持ちに寄り添ってくれて、

そして、今まで沈んでいた気持ちを
爆笑トークで癒してくれてどうもありがとう。


偶然ですが、突然。

帰宅したら、ある有名な写真家から
連絡があって・・・

ブログの写真を見てお褒めの言葉をいただきました。

この心境だったから、本当に染みた言葉です。





多分、このヘビーな出来事はこれから飛躍するための
ひとつのステップ。

キツい出来事だったけれど
その分、本当に温かいハートを持つ人や
私のために涙を流してくれた友人、先生がいました。

見てくれる人は、見ててくれるんだな。

本当に、応援してくれる人がいるっていうことの
幸せをかみしめています。


ありがとうございます。

これからも、しなやかに。
折れないでがんばろうと思っています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。