--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ界、下請けいじめ是正へ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

OL界から映像業界へ足を踏み込んだら
この業界の病みっぷりに、びっくりしました。

実際、初めの契約金額から減額された経験もあったりした。
海外ロケでの撮影は、当初の予算をオーバーしたとのことで5万円も減額金額を提示してきた。
契約書のやりとりがないから、そんなことが平気でできちゃうんだよね。

映像業界って、おかしい!
クリエイターいじめだよ。
やっとここまできたか。↓と言う感じ。

 
テレビ界、下請けいじめ是正へ
番組買いたたき禁止など
2009年2月22日 asahi comより

テレビ業界が、番組作りを発注する制作会社への「下請けいじめ」をなくそうと、総務省と自主ルールをまとめた。契約書もかわさずに発注し、金額を一方的に下げることが珍しくない現状を改める狙いだ。制作会社の著作権も尊重する。NHKと地上波テレビ放送を手がける120社余りの全民放を対象に、3月中に実施する。

 自主ルールは「放送コンテンツの製作取引適正化に関するガイドライン(指針)」。総務省と放送局、番組制作会社の代表が1年間協議してまとめた。制作会社の大半は中小企業で経営が苦しく、長時間の不規則勤務にもかかわらず「年収100万、200万円台の社員がぞろぞろいる」(大手プロダクション社長)という。ワーキングプア(働く貧困層)が社会問題になったこともあり、業界として改善を目指すことにした。

 指針は「放送局は制作会社に対して取引上、優位な地位にあることが多い」と明記。(1)制作会社への発注書・契約書の交付と契約金額の記載を義務づけ(2)番組「買いたたき」を禁止(3)制作会社が持つ著作権の譲渡強要を禁止、の3点を盛り込んだ。

 関係者によると、昨年の調査では全放送局の約6割が、少なくとも一部の書面を交付していなかった。総務省の調査では、制作会社が「書面を渡されても金額の記載がない」「金額は口頭で告げられるだけ」などと回答。今後は、下請け業者保護について定めた下請法に沿った発注書・契約書のひな型を用意し、書面を交付するよう求める。契約金の早期支払いも促す。

 番組「買いたたき」は、テレビCM収入が落ち込み始めた一昨年後半から目立つという。総務省の調査では「一方的に単価引き下げを通告された」「値下げ圧力が強く、赤字で受注した」などの訴えが制作会社から寄せられた。「安い単価に変える時は番組内容やキャストも見直す」「番組種類ごとの単価表を放送局と制作会社が話し合って決める」ことを推奨する。

制作会社が番組内容を放送局に提案し、制作に責任を持つ場合は、制作会社に著作権があると判断される。ただ、この場合も放送局が著作権を握る例が少なくない。放送局が著作権譲渡を迫ることを「不当な経済上の利益の提供要請」として禁止する。

 違反行為があると公正取引委員会が放送局に是正を勧告し、局名を公表する。総務省も、放送局に対して契約に関する調査を行う方針だ。(橋田正城)


関連記事
スポンサーサイト

BankARTへ行ってみる

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

師匠の教え子が学外展に選抜されたと言う話を聞いて BankARTへ行ってみることにしました。

BankARTとは、元銀行であった建物「Bank」を、芸術文化「ART」に利用するという

意味を込めた造語で「ばんかーと」と読むのだそうな。

横浜市の歴史的建造物を活用したクリエイター発掘場所とでもいうのでしょうか。

家から歩いて行けるし、以前から興味があったのですが、来たのは初めて。

0902150032.jpg  窓からは、赤レンガ倉庫が見えました。

0902150028.jpg    0902150012.jpg

レベル高っ!さすが、美術大学です。

0902150020_20090216235647.jpg    0902150022.jpg  ん?田植え?

0902150023.jpg   あぁ、そういうこと!


さてさて。

師匠の教え子の作品は一体どこ?

等身大の本人の写真があるから直ぐに分かるって言ってたけど・・・

どれだろ?

 

え?

 

もしかして、これ?

一瞬、凍り付いてしまった。

 

それは、まぎれもないヌードだった。

実物大の。

俗っぽい言い方をすると、「ヘアヌード」そのもの。

私の後ろから次々と人が来て、口々に声を挙げてるのが聞こえる。

「うそだろ?うそだろ?」

「きれい」「どうやって伸ばしたんだろう」

みなの、驚きの声、声、声。

0902150036.jpg   ← この上方に等身大の彼女がデーンと展示されてる。

ショックと言うのかなんていうのか・・・

とにかく頭をひやそう。

0902150039.jpg    0902150038.jpg    

展示室を一周してまた戻って見てみたりして落ち着かない。

「あのう・・・何か感じるものがありますか」

声がした。

監視役?で座っていた彼女がこの作品の本人だったのだ。

 

ちょっと話を聞いてみる。

 

溢れるばかりのメッセージ。

「360度の自分 」
・・・内面ばかりを探求してきたが外見はどうだろうか?
衣服という情報を脱ぎ捨て、ありのままの自分を360度を見てみたかった。

「コンプレックス 」
・・・足が太い、おなか出てるなど自分が気にするコンプレックスと言うのは人から見たらどう映っているのだろうか?

「存在の証明 」
・・・自分の目に見える世界が、たまにPCの画面を見るような無気力な感覚になる。機械的になるコミュニケーション、自分はこの世界にちゃんと存在しているのだろうか?

 

裸を見られるということに対する抵抗や恥ずかしさは?

って聞いたら、

「ないです」ってきっぱり。

人間の本来の姿であり、生まれる瞬間、死ぬ瞬間、愛し合う際になる姿だから

作品の中で恥ずかしさはないです。

 

 

 

帰り道、その作品のタイトル名を見るのを忘れたことに気づいた。

私だったらあの作品のタイトル付けを何てするだろう?って考えてみた。

浮かんだ答えはどれも陳腐なもので、ぴったりくるものは見つからなかった。

 

家へ帰ってから、展示作品リストを見てみる。

 

作品名は、「シラフ」だった。

 

うわ~。やられた・・・と思った。 

そんな彼女のページはこちら。 http://hippo.moo.jp/

~☆~

 

2/16のブログへと続く。→  ブログを半分クローズしてみる 

 


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。