--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗り蝶ちょ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

 

お。蝶ちょ、発見。

いつも逃げられちゃうから、そおっと近づく。

DSCF1765.jpg

もしかしたら、手に乗るかな。

って、指を差し出したら、

ひいい。よたよたと近づいてくるではないか。

 

おいおい。こっちが焦った。

DSCF1767.jpg

あなた、きれいねえ。

DSCF1777.jpg

ちゃんと、口がストローのクルクルになってる(^-^)

DSCF1780.jpg 

もっとじっくりと会話したかったけど、空へはばたいて行きました。

DSCF1775.jpg 

多分、今朝孵化したんでしょう。

すごい。こんな環境が悪い野毛のうちのベランダで、蝶が孵化した♪
 



これは、6/29の写真。

アゲハだったの?あなたたち。

DSCF0731.jpg

ごめん。退治してしまった。
だって、ベランダで大切に育てていたハーブやら野菜やら
驚くくらいに食べられちゃって、一晩で丸坊主になってしまうんですもの(゚ω゚)

DSCF0792.jpg

ごめんね。

関連記事
スポンサーサイト

即身仏。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

5年前のOL時代に、即身仏の話になって、なにそれ?と聞き流していたのですが
実はこんなに深いものがあったなんて。
当時、ケラケラと笑っていた自分が恥ずかしい。。。

スーパーモーニングで紹介されていた即身仏。
特徴的ミイラ「即身仏」が安置されていると聞いて男性リポーターが取材していた、山形県の寺院。

この寺院には自らを犠牲に衆生を救済したり、街道を改修したと言われる鉄門海上人の即身仏が安置されている。
湯殿山 注連寺

即身仏とは、修行して肉身のままで大日如来と一致する仏になることです。
修験者は、即身仏になるために一千日から五千日、五穀・十穀を断ち、山草・木の実だけを食べる木食行を行い肉体の脂肪・水分を極限まで落とし、土中室に入定します。
即身仏になることは、苦行を通して自らの罪や穢れを除くとともに、永遠の生命と肉体を得ることにより未来永劫、飢饉や悪病に苦しむ衆生の難儀を代行して救済するために自らの身を捧げることです。このようにして現存する即身仏は、族長保存のためのミイラとは本質的に異なるものなのです。




五穀断ちをしたり、漆を食べたりして死後、肉体や脳みそが腐らないように
苦行を行う。

外国のミイラは、死後薬品を塗ったりして防腐処理をしているのに対し、
日本の即身仏は行きながらにしてミイラになる準備をしているということ。

当時、飢饉が大流行していて、それを収めるために
自分が即身仏となって祈るというその行為。

そのすさまじさに、打ちのめされてしまった。

そしてこの 鉄門海上人の爪は、きれいに残っていました。
普通は土中に埋められた時、苦しくてもがき爪でかきむしるため
爪がボロボロになるものなのだそう。

そして、その表情もなんとなく笑っているような穏やかなものでした。

でも、私はそのあまりにも壮絶な苦行に、
そして自分を投げ打って人々を助けたいっていう気持ちに
本当に衝撃を受けて、頭から離れない。

一日中、寝込んでしまった。

私も、ヨガを毎日やって修行しているつもりだったけど(笑)
そんなの、足元にも及ばないもんなんだなあって感じた。

ゴーヤ初収穫!

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今年の夏の、初収穫。
緑のカーテンには程遠く、まだスカスカだけど、
先に実がなった。

今年は、朝顔とのコラボに挑戦。

DSCF1566.jpg

プチトマトも、今年は順調。 

DSCF1506.jpg 



そして、ラガーマン登場!   DSC_3408.jpg


DSCF1552.jpg          DSC_3419.jpg

採れたてのゴーヤは、超みずみずしく

うまかった~。
 


今朝の収穫

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今年の夏も、緑のカーテンやってます♪
開始がかなり遅かったのですが順調に育っています。

今年は、化学肥料は一切使わず、生ごみ処理機で乾燥させた
手作り肥料?を使っています。
土作りからなので結構たいへん。

生ごみ処理機は横浜市の助成金が降りました♪
大量にある生ごみも、粉々・さらさらになります。
これを、ビニールに入れて古い土に混ぜると、ミミズのたくさん棲む
有機質を含んだ土に生まれ変わるの。(^^)v

今日は枝豆が初収穫!
そのほか、オクラ・なす・ルッコラ・パセリ・プチトマト

DSCF1482.jpg

それから、ハーブも。
センテットゼラニウム・ラベンダー・セージ・ミント
これらはドライハーブにしてリンスを作ります♪

関連記事

GH1でステディカム的撮影

Posted by しいれい on   3 comments   0 trackback

先日から迷っているLUMIX DMC-GH1K のムービー一眼。
実際に触ってみたところ、いい点とイマイチな点があってさらに
迷い度がUPした感じ。

■GOOD!
・レンズキットの14-140mmレンズというのは35mm換算判で広角28-望遠280mm。
1本レンズとして使える!このレンズキットのセットはいいよね~。
・5D Mark2などに比べてライブビューの起動が簡単。
・ライブビューの拡大表示で、ピントの追い込みが可能。
・説明書なしでも使いこなせそうな予感。


■イマイチ
・レンズグリップが硬い!Panasonicのビデオレンズの感触にそっくり。
ビデオの場合、左手は上にかぶせるフォームだから この硬さでいいのですが、
一眼だと下から手を添えるフォームになるから左手の握力が落ちた私はつらいなあ。

・ミラーレスで軽量なのはいいのだけど
ファインダーをのぞいた時の電子的な視界がどうも好きになれない。
お店の人は、「これは純粋な一眼とは言えない」って言ってた(笑)



Kiss X3と GH1のHD動画撮影機能の違い


話は飛びますが、GH1で「街歩き映像」的な使い方ができないか価格.comで話題になっていておもしろい。
ムービー一眼の、新しい可能性だわ。

ステディカム的撮影 スレ

「世界ふれあい街歩き」 ・・この番組、地味におもしろいよね~。




新しい遊び方 その2

Camera Toss = カメラ投げ!


撮り方の説明ビデオ(英語)。


デジタル一眼で迷う

Posted by しいれい on   4 comments   0 trackback

本命はEOS Mark2なのですが今の身の丈に合っていないから恐れ多くて買えません。

今、買えるのはEOS X3のボディとシグマかタムロンの18-250mmのレンズ。
よし。それでいこう。

と決心したのですが

先日、撮影会へ行った時に知り合った方がPanasonicのルミックスを持っていて
絶賛してた。
TVCMの「一眼あそばせ」ってやつ。

触らせてもらった。

軽い。
そしてライブビューがコンパクトムービーみたいに半回転する。
グリップのマットな感じ。
シャッターを押したときのニコンでもないキヤノンでもない独特の感じ。

最新機種LUMIX DMC-GH1K はムービーも付いている。


ただ注意するのがレンズキットが二種類あること。
紛らわしいっつうの。
DMC-GH1Kは 14-140mmのレンズが付いています。
私は横着なのでこの一本レンズがいいなあ。
明るさが違ってきてしまうみたいだけど。スナップ撮りみたいに使うのにはやっぱりこれです。

DMC-GH1K レンズキット価格一覧



徹底的だったのはこの映像を見て。
ハイビジョン動画

このボケ感がすてきだわ。

---------
追記。

これも超、気になる。

GR DIGITAL III

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。