--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信頼する」っていう宝箱

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

『ようこそ断捨離へ』の本読んでたら、こんなことが載ってた。

障害がある子って、特殊な才能があるんだって思わざるを得ません。
甥っ子見てると、「神様?」って思うことがあったりする。



不登校中の息子は多分アスペルガー症候群。
(中略)

息子と寝室に入って話をした。
アスペルガーについて少し説明し、こんなふうな特徴があったのだから、すごく苦しかったんだね、
その辛さを今までわかってあげられなくてごめんね・・・と誤った。

息子はわんわん泣き出し、それは胸の底の底のほうから搾り出すような涙だった。
そして、これまでの気持ちを、一気に話しはじめた。
しゃべってもしゃべっても止まらない。
すごい勢いで口が動く・・・。
そのうち話の内容が変わってきた。なんか顔もしっかりしてる・・・。
以下、息子の話したこと。

ねぇお母さん、どうしてお父さんが怒るか分かる?
お母さんは信頼されてないんだよ。
じゃあ、どうしたら信頼してもらえるか教えてあげようか。
それにはまず、お母さんがお父さんを信頼すること。
お母さんとお父さんには信頼関係がないんだよ。
信頼されていたら、お父さんはどこへだって行かせてくれるよ。

お母さんの心の中には、「信頼する」っていう宝箱がない。
これは土台になる大事な宝箱だから
本当は子どものうちに手に入れるものなんだけど、
お母さんは持っていない。
だから神様が上から見てて、あぁこの人は大変だなぁって思って
守るために僕を来させた。

僕は、お母さんを助けるために、ここに来たんだよ。

妹は、お母さんに「うれしい気持ち」を教えるために来た。
だから、いつも耳たぶをさわったりして甘えるてるけど
あれはうれしい気持ちを思い出して、
っていうサインなんだよ。
だからさ、お母さん時々「もうやめてよ~」って怒ったりしてるけど
触られたら 「うれしい気持ちを思い出させてくれてありがとう」
って思わなきゃ。
でも、妹の天使は、まだ脳とつながっていないから
言葉で言っても何のことかわからない。
直接、心から心に伝えるんだよ。

お父さんは、お母さんに試練を与えるために結婚した。
お母さんが信頼っていう宝箱を手に入れるためにね。

とにかく、まずは「信頼」をゲットしないとだめ。
でないと次の宝箱は手に入らないよ。

お母さんは、今まで、うれしさとか楽しさとか、
いくつかの宝箱をゲットしてきたけど
ここから先に進むには、信頼の宝箱が必要なんだよ。

人生はね、色んな宝箱をゲットして行くところなんだ。
手に入れようとして一生懸命手をのばして、のばして…。
もうちょっとのところで、お母さんいつも手を放しちゃうんだよ。
やっぱりだめだって、あきらめるんだよね。

それと、お母さんケンカになったら、「怒ること」に集中して
頭が真っ白になるでしょ。
もっと色々考えないとだめだよ。
怒る気持ちだけが大きくなったら、裏側の良くない気持ちが
それを踏み台にしてジャンプするから、
さらに怒る気持ちが大きくなって…っていうふうに
どんどん大きくなるよ。
そんな時は、裏側の気持ちが大きくなってることに気づいて。

忘れてたら、僕が教えてあげるから。

『ようこそ断捨離へ』 BYやましたひでこ



続きは
『ようこそ断捨離へ』 BYやましたひでこさん を お読みください。

断捨離通信 ~家の中で、ため息をついていませんか

関連記事
スポンサーサイト

『心を撮る職人』

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日、この番組を見て、うなってしまった。

ろうで、撮影をするのは可能だとしても
編集までしているのを見て、すごいなあと思った。


本当の会話って なに? ~聴覚障害・今村彩子さん~
NHK教育 きらっといきる 【テーマは“コミュニケーション” 映像作家・今村彩子さん】

愛知県名古屋市にお住まいの今村彩子(いまむら あやこ)さん、31歳。ろうの映像作家です。
今村さんの武器は、このビデオカメラ。カメラを片手に、“聴こえない人の世界”を撮り続けています。
作品のテーマは、「ありのままのろう者の様子を世界に伝えること」。
今、撮影しているのは、サーフショップの店長。何よりお客とのコミュニケーションの取り方が絶妙なんです。
その秘けつをつかもうと通い続けて1年。今村さんがカメラを通して気づいたことって?




テーマは、コミュニケーション。
伝えたい気持ち。
それが何よりも大切なことだと。

映画「珈琲とエンピツ」公式サイト


映画の主人公は、静岡県の外れにあるサーフィン&ハワイアン雑貨店の店長、太田辰郎さん。ろう者である。
30年以上のキャリアをもつサーファーで、自らサーフボードを作る職人でもある。
4年前、長年の夢だった自分のお店を開いた。
聞こえない太田さんがお客さんをもてなすために考えたのが、自らも愛飲するハワイの珈琲をサービスすること。
来てくれた人に、まず珈琲を入れ、ジェスチャーで勧める。

そして、紙とエンピツで筆談が始まった。

「今日、波乗った?」
「乗ったよ。いい波だった」

ハワイアンと間違えられるほどの風貌の太田さんは、筆談だけでなく、声を出して、
大きな身振りと豊かな表情で人懐こく話しかける。
彼のもとには、手話と全然縁のなさそうなサーファー達も気軽に集い、身振り、手振りで会話を楽しんでいく。

そんな太田さんに魅力を感じた今村彩子監督もろう者。
現在、名古屋から湖西へ通い、取材している。

コミュニケーションは声で話すことだけではない。手話だけでもない。
筆談、身振り、そして、笑顔。
相手に気持ちが通じれば、何でもありだ。
一番大切なのは、伝え方ではなく、相手に伝えたいという気持ち。

「ともに生きる社会をつくっていこうよ」
そんなメッセージをこめたこの映画は、2011年夏に完成予定だ。




実は。
0歳の甥っ子が、難聴児です。

_MG_9554.jpg



まだ0歳の赤ちゃんなのに、補聴器つけてます。

4月から、私も手話のクラスに通うことにした。
義務でも、義理でも、同情でもなんでもない。

ただ、

「彼と会話したいから」

これが、原点。

その瞳が、曇りませんように

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

こどもの瞳って、澄んでる。

あまりにも、澄んでいてハッとする。






笑われるかもしれないけれど時々、




「この子は神様なんじゃないか」



って思うことがある。


そんなこと言ったら笑われると思ってたから
人には言わなかったけれど



この前 母が同じことを言っていて
びっくりしたことがあった。


どうか、どうか。

その瞳が曇りませんように。







こんな時にもヨガ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

リハビリとしてヨガクラスに 3年間 ほとんど毎日通っています。

決してヨガが好きで行ってるわけじゃないのです。。。
事故後、ヨガに行かないと体調が悪くなるというなんとも不便な体になってしまったので。


今もめまいグルグルで、これは一体地震なのか眩暈なのか判断がつきません。

体内にたまった化学物質を、汗として出さないとダメみたい。
また、ホットヨガで血流を無理やり流さないと頭痛くなる!
そんな私ですがさすがにここ数日は休んでいました。
電車なくて休校だったので。。。

_MG_4408.jpg


こんなたいへんな時にヨガなぞしてる場合?
地震が来たらどおするの?
シャワー浴びてる途中にグラっと来たら?

そんな不安材料をかなぐり捨てて行って来ました。
予想以上にみんな来てるのね。

そしてみんな淡々とヨガをしてる。

どんな時でも平常心を忘れないように。



いろいろなことが世界中で起こっていますが

私たちは自然の一部だということ

こうして、自然のエネルギーを感じてみて



といってシャバアーサナをしました。

こうしていられることへの感謝。

そして

震災に遭われた方がいつか笑顔が戻るように
最後に祈りましょう


といって合掌。


とても、静かな気持ちになりました。
こんな時ほど私にはヨガの教えが必要。

_MG_4817.jpg
写真は、去年のパークヨガ@六本木ミッドタウン

化学物質過敏症を描いたドキュメンタリー映画

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日、化学物質過敏症対策をしているお家へ見学へ行ってきました。
無垢材と漆喰、オールアースで作られている理想的な住まいでした。

目の前で電磁波の数値を見て、なんて私たちは無防備なんだろうと
思わずにはいられませんでした。

そして。なんとタイムリーなことに、先ほど
化学物質過敏症を描いたドキュメンタリー映画が存在していることを
今日、知りました。


私も同じ化学物質過敏症・電磁波過敏症です。

ほんとにつらいんだってば。
でも目には見えないからなかなか分かってもらえないんだよねヾ(・ε・。)

学校行きたくても行けない、
働きたくても働けない

怠け者って言われるけど。。。。

おばけみたいなもんかな。
信じない人には分かってもらえないっつーのは。

ん?ちょっと違うか。

でも、とにかくこの予告編見て。見るだけでも見て!







化学物質過敏症を描いたドキュメンタリー映画『いのちの林檎』を神奈川県湯河原町で上映します
パブリックプレスセンター

 化学物質過敏症をご存じでしょうか。わずかな量の化学物質に反応して、心身にさまざまな症状が現れるもので、重症になって通常の生活さえ営めない発症者もいます。
 昨年、この化学物質過敏症をテーマとしたドキュメンタリー映画『いのちの林檎』が、いのちの林檎製作委員会によってつくられました。重症の化学物質過敏症発症者と、そのいのちをつなぎとめた林檎の物語です。
 私たち、西湘『いのちの林檎』みようの会では、3月19日(土)に神奈川県湯河原町商工会館で自主上映会を開催することにいたしました。上映は午前と午後の2回で、上映後に監督やプロデューサー、化学物質発症者によるトークショーも行う予定です。神奈川県西部では初の上映会となりますので、この機会にご観覧いただけると幸いです。
 なお、今回の上映会は、私どもが初夏に小田原での開催を企画している大規模上映会のプレ上映会を兼ねたものです。会場で小田原上映会への協力者も募集しますので、ご賛同いただける方も、ぜひ会場に足をお運びください。

開催日: 3月19日(土)
会場: 湯河原町商工会館3階(湯河原町土肥1丁目7-1 JR湯河原駅から徒歩約3分)
    ※周囲に有料駐車場がありますが、数に限りがあるので公共交通をご利用下さい。

上映時間: 午前の部 開場 9:30 上映開始10:00 終演12:30
       午後の部 開場 13:00 上映開始13:30 終演16:00

内容:
■『いのちの林檎』上映
■藤澤勇夫氏(監督)、馬場民子氏(プロデューサー)、村田知章氏(真鶴町議会議員、CS発症者)によるトークショー

観覧料: 前売り券¥1,000 当日券¥1,200 大学生以下¥500(前売り券・当日券の区分なし)

※前売券は下記の店舗にて購入可能です。
湯河原=オアシス内オーガニックショップ純菜、スペース楠樟、大観荘、十二庵
真鶴=肉の石川、お茶のあおき、Madam・kei
大磯=カフェぶらっと

遠方の方は、電話、ファックス、メールにてご予約いただければ当日、前売り価格にて、入場が可能です。
連絡先:
TEL 090-2140-7230 (上田)
FAX 0465-20-7038 (上田)
Mail inochinoringo@yahoo.co.jp

お名前、観覧希望回(午前の部か、午後の部か)ご連絡先(お電話番号)をお知らせください。また、席の関係上、ご予約いただいて、キャンセルする場合などは、必ず再度ご連絡をお願いいたします。

主催: 西湘『いのちの林檎』みようの会
http://seishouringo.blog.fc2.com/




湯河原は遠いなあ。
ヨコハマで上映しないかしら。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。