--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアンバル バジル@野毛

Posted by しいれい on   3 comments   0 trackback

トリック・オア・トリート!

ハロウィンですね。
野毛ハロウィン
ナイトハロウィン参加店舗

アメリカンバー バジル さんの前を通ったら
店員さんは、見事に仮装していました(笑)

先日その姉妹店、行ってきました。
ITALIAN BAR BASIL

いつか行ってみたいと思っていた思っていたお店なんです。

イタリアンなのに、立ち飲みなのぉ。
野毛っぽくてイイ。

IMG_6331.jpg

モトックス ワイン。超うまっ

IMG_6319.jpg

きのこ祭ぢゃあ。

IMG_6352.jpg

ポルチーニ ソースのタリアッテレ

IMG_6321.jpg

チーズ、削った中にからめる。
うわっ、目の前で見た。

IMG_6338.jpg
EF24mm F2.8 (1/30 F2.8)

できあがり~。

IMG_6347.jpg

それはそれは、おいしゅうございました。


関連記事
スポンサーサイト

その後の、ぴのこ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

みごとな脱走劇場を繰り広げてくれたインコのぴのこ。

相変わらず、元気です。


IMG_0301.jpg
EF50mm F1.0L USM
悪びれもなく人の頭に、平気でのぼります。


IMG_0304.jpg
EF50mm F1.0L USM

IMG_0302.jpg
EF50mm F1.0L USM


IMG_0311.jpg
EF50mm F1.0L USM

インコ脱走劇場。その2

Posted by しいれい on   4 comments   0 trackback

インコ脱走劇場。その1のつづき~

ブライダル撮影が終わり、再度「ぴのこ」の捜索活動を開始。

正直、絶望視していた。
カラスに追われて、飛んでいったぴのこを見て
そのまま死んじゃっていると思った。

だから、この捜索も遺体回収のつもり。

でっかいハシゴを抱えて現場へ到着。
よし。登るぞ。

と、足を一歩かけたその瞬間、携帯が鳴った。
さっきの同級生でした。

「今、インコがI酒店の前の電柱に止まっている」って。

ええええ?まぢっすか?

私がハシゴを片付けていると
税理士事務所の人が出てきて、「ハシゴはいいから早く行ってあげて」

って言ってくれ、私はあの巨大なハシゴを税理士事務所のドアの前に放置したまま
駆けつけたのでした。

どこどこ?

ぴのこ?

って叫んだら「ぴぃ」って返事。

そしたらあちこちの店から「飼い主さん来たよ」
と言ってわらわらとみんな集まってきて・・・

「カラス2羽に追われて、30分くらい、こうしている」

って教えてくれた。

呼ぶと必ず返事してくれるから私だって分かってるんだろうな。
でも怖くて降りられない。

そこへ錦寿司のお兄さん(後で、兄と同級生だってことが判明)が
「2Fへ上がる?」

と言ってくれて・・・・
2Fへ上がってやっとぴのこの目線の高さまで。

距離は3m。

あんた、こんな距離いつも呼んだら来るでしょ。
っていう距離なのに、来ない。

そのうち、カラスに監視されているのがわかって・・・
ここは何としてでも捕まえなくちゃ。
っていう思いが募る。

文鳥も様子を見に来たりして・・・。

そうこうしているうちに連絡していた父がもう1羽のすみれを鳥かごと一緒に連れてきた。

そして鳥かごを目の前に差し出すと・・・・
待っていました!とばかりに直ぐに飛び乗った。

ここから慎重に。
ここで逃げられたらお仕舞いだ。

手でガバっとつかみ(←ここは逃げられる可能性大のところ)
籠の中へ捕獲成功!!

涙が出そうになった。

こんなに嬉しいことってない。


IMG_0111.jpg

みなさん、ありがとう。
すごい。
この下町パワーは一体なんなんだろう。

やっぱり、私は野毛が好きだ。


通報の電話をくれたM君(屋上の地主)宅へ。
たまたま、M君のお母さんが電柱に止まっていたインコを見つけて
それがM君に伝わり私に電話をくれたという経緯だったようです。

この、偶然は一体何なんでしょう。


そして、鳥かごをかかえたまま
今日、出会った数々の人たち、ビラを配った人たちのお店を回りました。

氷屋さん
お寿司屋さん
酒屋さん
税理士事務所
カラオケボックスのお店
イタリア料理店
オカマ?のお店
カラオケスナックのお店
その他、様子を見ていて応援してくれたお店の人たち

本当にありがとうございました。
そしてお騒がせしました。

お家へ帰ったぴのこ。
尾っぽがなくなっていました。

IMG_0145.jpg
EF50mm F1.8 II

今夜は、冷えそう。

今日中に見つかって、本当によかった。


ぴのこ。あんたは、すごい。
カラスも、あっぱれだと思って逃がしてくれたのかも。

IMG_0127.jpg
EF50mm F1.8 II

朝の9時から夕方の4:30までの小さな小鳥の冒険。

絶望だと思った時でも、決してあきらめちゃいけないってことを
あんたに教わったよ。

ありがとう。

IMG_0166.jpg
EF50mm F1.8 II


でも。。。。
もう、野毛の街を騒がせるなよ。


私も反省するから。




インコ脱走劇場。その1

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

我が家のインコは放し飼い。
今日は、白いインコを逃がしてしまいました。

慌てて外へ出て「ぴのこ!」と叫ぶ。

「ぴぃ」と返事。え?どこ?

もう一度呼んだらまた、「ぴぃ」って。

お。
電線にとまっちょる。

ぴのこ、おいで

って何度も呼ぶのだけれど、興奮しているのか
指に止まってくれない。

いつもは「おいで」っていうと指や頭に止まるのに。

そうこうしているうちに30分経過。
そこにカラスが「オレの縄張りに近寄るんじゃねえ」と飛んできて・・・・
ぴのこは斜め前の屋上屋根の上に。

げ、探せない。
どこの屋根の上にいるのかもはっきりと分からない。

時間切れだ。撮影へ行かなくては。
今日はブライダルの前撮り撮影があった。

私的には、撮影よりもインコの方が大切だったけれど。

ここは、行かなくては。
と、後ろ髪を引かれる思いで行ってきました。


夕方。やっと、仕事が終わり再度捜索活動。
正直、絶望的でした。
だって、カラスに追われてあの後食べられちゃったかもしれないのです。

でもたとえ、死んでいたとしても「探すのは飼い主の義務だ」

と思ったので探すことにした。

一軒一軒回って「屋上へ上がらせてください」
って言って・・・。
あ、もしかしてこのビルの屋根にいるかも・。。
という予感。

でも屋根に行くには、はしごがないと上がれない。
大家さんに電話し、屋上に登らせてもらうことに・・・。
その大家さんとは、私の同級生。

一旦、家に戻って身長よりも高いハシゴを抱えて現場へ行ったのでした。

つづく。

手話教室~日本語対応手話

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日は、妹が通っている手話教室へ行ってきました。
講師は、手話通訳士の 谷 千春先生。
超、有名な方だそうです。

私が今通っている手話教室は 発話禁止の「日本手話」なのですが

今日の教室は「日本語対応手話」ということで
手話をやりながら、言葉もついてくるので
もう、それはそれは分かりやすかったです。

手話初心者はやっぱり、日本語の助けは、ありがたい。


(日本手話のストレスフルな90分発話禁止クラスも
私は好きだけどね)


さて。

ハワイへ行ったことがありますか?

という文章。

「ハワイ」「行く」「こと」「ありますか」

と表現するのですが

ろうあ者は

「ハワイ のど?」

で、通じてしまうという・・・・

これにはびっくりしました。


「のど」を指すと

味わう・飲み込む

=体験する・行ったことがある

という意味に転じるのだそうです。



うーん。
手話っておもしろいな。

横浜シーサイドトライアスロン

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

横浜 八景島シーパラダイス内のトライアスロン大会は、
今年で2年目なのだそうです。

トライアスロンが、市民レベルで参加する世の中になったのですね~。


10月の海は寒いのでは?
と思ったら、ウエットスーツでした。みんな。

IMG_7875.jpg


IMG_8070.jpg


IMG_8140.jpg


IMG_8194.jpg


IMG_9972.jpg


IMG_9700_20111023231629.jpg


IMG_9573.jpg

「パパがんばって~♪」
市民マラソンのような、アットホームな雰囲気。
先日の山下公園での「トライアスロン世界選手権シリーズ」は観る楽しみ。
そして今回は、参加する楽しみ・・・ということなのだそう。

IMG_8379_20111023231748.jpg


IMG_7879.jpg


IMG_8748.jpg


IMG_8539.jpg


IMG_8613_20111023232411.jpg





一夜明けて痛ましい訃報
ご冥福をお祈りします。



関連記事

海外へ行く後輩へ

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

学生時代の水泳部で、集まった。
なんだかんだ言って、続いてる仲間。

今日は、後輩が海外へ行くというので壮行会。

IMG_6273.jpg

「海外へ行っても

どんな仕事をしていても

いつでも帰れる場所・・・」


そんなちょっと歯が浮くような台詞を言ったヤツもいた。



でも、本当にそうだ。

それぞれの仕事

親としての役割

そういうのを背負っていても

みんなで集まると
一気にあの頃に戻れるんだ。



IMG_6296.jpg

胴上げ?

本当に胴上げする?普通。。。

IMG_6301.jpg


異国の地へ行く後輩へ。

5年後、また会おうね。みんなで。



関連記事

EOS-1D X 発売予定!!

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

新製品発表♪

これか!

私は密かに EOS 5D Mark II の後継機を期待していたのですが・・・
まだまだ先になるのかもね。
しょんぼり。

EOS-1D X 発売予定。




 ─────────────────────
 製品名称  :EOS-1D X
 発売予定日 :2012年3月下旬
 ─────────────────────

 ◆EOS-1D X の主な特長
  高画質を追求した「1Ds」シリーズと高速性能に最も優れた「1D」
  シリーズ。新製品“EOS-1D X”はそれらを統合し、高画質性能と
  高速性能を最高レベルで兼ね備えたプロ仕様の旗艦モデルです。

  ・新開発の35mmフルサイズ、約1,810万画素のCMOSセンサーを搭載し、
   さらに最高約12コマ/秒の高速連写を実現(ISO32000以上のときは
   最高約10コマ/秒)
  ・高性能な新映像エンジンDIGIC 5+(プラス)を2基装備した
   デュアルDIGIC 5+の採用により、高画質と高速性能を両立
  ・常用設定できるISO感度をISO100~51200まで拡大

 ◆関連アクセサリーの新製品
  “EOS-1D X”の発売に伴い、専用のアクセサリーも発売いたします。

  ■ワイヤレスファイルトランスミッター 〔WFT-E6B〕
   ・携行性を高める小型/軽量設計
   ・IEEE802.11a/b/g/nに対応する高速無線LAN通信
   ・Bluetooth通信機能内蔵

  ■GPSレシーバー 〔GP-E1〕
   ・“EOS-1D X”への常時装着を考慮した小型・軽量設計
   ・撮影画像に撮影地の緯度/経度/標高/UTC時刻(協定世界時)/
    方位を記録可能
   ・GPSの高精度時刻を“EOS-1D X”に設定することが可能

★EOS-1D X キヤノン HP
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dx/index.html

ラグビー撮影 by 500mmレンズ!

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

ラグビーの撮影に行ってまいりました。

フィールドに降りて撮影できるなんて
なんてラッキーなんでしょう。

EOS7D+使用したレンズはこちら。

EF300mmF2.8L IS USM 

新製品 Canon EF300mmF2.8L IS II USM  が出る予定?みたいです。



 

 
 
 

そしてもう一つのレンズ EF500mmF4L IS USMです。 

こちらも新製品が発売予定。 

キヤノン EF500mmF4L IS II USM(IF, RU) 

【a_1011】【2011_野球_sale】キヤノン EF500mmF4L IS II USM(IF, RU)『2011年内発売予定予約』...


はじめ、このレンズを目の前に渡されたとき
「絶対無理だ。
こんなでかくて重いレンズ、 扱えない」
 
と、たじろぎました。
泣きそうになったりもした(爆)
 
でも、一脚使ったら思ったよりも大丈夫だった。
 
未知なるレンズへの冒険。
やっぱりこれはアグレッシブで臨まないと。
 
負けてしまう。
 
ひるんではダメよ。 
自分に言い聞かせた。
 

関連記事

ボラ女4人。女子会♪

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

ボランティアでつながった女子どもで集まり~。

女子会っていうと

「女子会っつー年か!」

ってつっこみが激しくきそうなのですが。

たまには使わせてください。このワード。


ボラ女4人。

超笑った。



『デジタルカメラ一眼 家庭教師』

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日は、自宅に「webデザイン家庭教師」の先生が来ました*^.^*
女性の先生で、webデザイン会社の社長さん。

頼りになるんです。

web作成って独学でやると、本当に行き詰まって動けなくなる。
このラインを消したいとか
この文字をここにあと一センチ動かしたい

とか、そんなみみっちいことに
悶絶してしまう。

でも先生に見てもらうと
あ、それはねd(^v^)

って、すぐに解決しちゃう。

今日で4回目。
あと一回でなんとか仕上げたい。

この、家庭教師制度、いい。
予想以上に、いい。


あd(^v^)

私もそろそろはじめようかしら。

『デジタルカメラ一眼 家庭教師』。


以前、映像撮影 師匠の能勢氏と一緒に「ビデオ撮影家庭教師」なるものをやっていました。
今は、日本ビデオ撮影アカデミー(JVSA)という学校で少人数制でやっているので
ビデオ撮影に興味がある方はぜひそちらへどーぞ。

なかなか、好評だったのです。

その、スチールバージョンとして。
プロジェクト、立ち上げちゃおうかしら。
そろそろ動き出さなくっちゃ。

と、思っています。


デジタルカメラに興味があるけど
よく分からないという初心者の方対象。
お家または、近くの公園など出張いたします。
東京、横浜限定です。

お問い合わせください。

関連記事

大道芸@山下公園

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

大道芸人 RYUさん。

IMG_5515.jpg

「ゲスト、今までで一番チャラいです」

だって。

ぷぷぷ。

IMG_5432.jpg


IMG_5540.jpg


IMG_5550.jpg

関連記事

飛鳥Ⅱ出航♪

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

象の鼻から、大桟橋に向かう道。
なんか雰囲気が好き。
後ろに見えるのは「飛鳥Ⅱ」

★IMG_5605
EF50mm F1.0L USM (F1.1 1/2000 ISO100 -0.7EV)



飛鳥Ⅱお見送り。
船の見送りで紙テープっつーのをはじめて見た♪
なかなかいいもんですよ。

IMG_5804.jpg


IMG_5793.jpg


IMG_5800.jpg



横浜×飛鳥のコラボ。
IMG_5927.jpg


IMG_5956.jpg



飛鳥の船上カメラマンにあこがれる。
来る日も来る日も、海の上。

うきうきする。

単なる集合写真じゃなくって。
自然な表情を撮れたら。

撮りたい。

撮りたい。。。。

IMG_5911.jpg

関連記事

ブライダル撮影

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

秋晴れの今日。
ブライダル撮影。

IMG_4765-2.jpg
EF50mm F1.0L USM (F1.0 1/250 ISO100)


笑いあり
涙あり。

大切な友人や家族。

みんなが集まって
お祝いをする。

ブライダル撮影って、楽しい。

人生のハイライト部分を、
宝物みたいに形として残せるから。




関連記事

タイ、過去50年で最悪の洪水

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

タイと言えば、タオ島にてダイビングと水中撮影で半年間滞在していました。
やっぱり、過去に一度でも訪れた場所に何かがあると
とても気になってしまいます。

タイ、過去50年で最悪の洪水…日系工場も水没
読売新聞 10月9日(日)7時3分

タイやカンボジア、ベトナムなどのインドシナ各国が近年ない大洪水に見舞われ、被害が深刻化している。

 タイでは過去50年で最悪とされ、インラック首相は「バンコクも洪水の直撃を受ける」と市民に警戒を求めている。記録的な洪水は地球温暖化も一因とされ、各国で大洪水が恒常化する懸念もある。

 タイのキティラット副首相は8日、本紙に「洪水が広がり続け、非常に危険な状況だ。被害額はすでに300億~400億バーツ(約742億~990億円)にのぼる」と語った。

 タイでは北部や東北部の大雨でチャオプラヤ川の上流や源流域が洪水になり、山間部のダムからの放水で下流も氾濫を始めた。特に中部アユタヤの被害は甚大で、住民の女性(28)は「こんなにひどい洪水は初めて。家が水没したので親類宅に避難した」という。

 日系の自動車部品工場が集まる工業団地が水没したのに続き、ホンダの自動車工場がある別の工業団地も市の避難要請で大半の工場が停止した。アユタヤから離れたタイ日産自動車の工場も「部品調達が滞り、一部車種の生産を止めた」としており、部品工場の操業停止が自動車各社の生産に影響を及ぼす懸念がある。

 氾濫地域はバンコクに接近し、冠水が始まっている。

タムロン写真展 60人の「瞬間と永遠」へ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

タムロン写真展
『-Eternity at a Moment- 写真家60人の「瞬間と永遠」 』へ行ってまいりました。

IMG_4689.jpg
3331 art chiyoda gallary

秋葉原駅から徒歩圏内に、こんなアートギャラリーがあるなんて。
本当に、学校をセンスよく改造した造りだった。
屋上には、オーガニックの菜園もあるんだよ。

「世界の街道を行く」の横木安良夫さんの母校だそうな。
しかも横木氏、この写真展が開催されるまで、
こんな風に改造されているとは知らなかったって(爆)

IMG_4694.jpg

下駄箱を、パンフレット置き場にしていたり
カフェの椅子が、そのまま教室の椅子だったりして
本当にステキなギャラリーでした。
IMG_4745.jpg


魚住 誠一氏 × ゲスト石井 寛子氏 トークショー
IMG_4733.jpg

モデルの石井さんは、写真も撮るモデルさん。
今回のトークショーは、石井さんの撮った写真に魚住氏が
コメントを入れていく形で進んでいきました。

石井さんの撮った写真に、ちょっとガツンとやられちゃった気分です。

石井さんの友人を撮ったものなのだけど、
めちゃめちゃ新鮮でした。

特に、一番最初に紹介された友達を部屋で撮ったポートレイト。
セミヌード?だったのですが
ヌードなのに全然いやらしくなくって、清潔感があって、
元気で、ビビットで
楽しい女子のおしゃべりが聞こえてきそうな。

まさに、魚住氏がコメント

「これは男子には撮れない」写真そのもの。

それ以上に、彼女しか撮れない写真。
もっと言うと石井さんとそのモデルアイちゃんとのコラボじゃなきゃ
撮れない写真 かも。

その写真をお見せできないのが超残念。
本当に本当にすごい写真だったの。

多分それは、被写体と撮る側とのコミュニケーションの賜物。
それから、石井さんが普段魚住氏の撮影を自分が撮られながら
見ているからなんだろうな~。

以前CP+で同じようなトークショーがあったのですが
その時の写真よりも格段に上がっていてびっくりした。

そんな石井さんのブログ掲載用!?撮影タイム。
「撮影した人はブログにどんどん書いて」だって。
うん。そう、はっきり言われちゃうとなんか気持ちいい。
IMG_4730.jpg
TAMRON 18-270mm(B008)

ええ?なんでみんな一眼持ってるわけ?
撮影タイムがあるのみんな知ってたのかな。
IMG_4721.jpg

そんなこんなで、超笑ってためになった魚住氏のトークショーが終わり

いざ、写真展へ。

うぉ。。白がまぶしいぜ。
IMG_4742.jpg

本当に贅沢な写真展でした。
作家の気合が伝わってきて、ぞくぞくした。

フェルメール展以来の、この興奮っぷり。


各作家の写真はweb上でも見られるけれど
サプライズもありました。

魚住誠一氏は、マット紙で仕上げてあって
女性モデルのアンニュイな感じが本当にステキにマッチしていたり。

吉田繁氏の作品では竹和紙で温かみのある繊細な質感に感動した☆

webに掲載されているもの以外の作品が展示している作家さんもいるので
ぜひ見つけてみてください(笑)

おもしろい写真展です。

写真展、満喫しました♪

関連記事

タムロン写真展 60人の「瞬間と永遠」

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

2011年10月5日(水)~10月11日(火)
『-Eternity at a Moment- 写真家60人の「瞬間と永遠」 』写真展


この写真展。

様々なジャンルの写真家が

1本のレンズ "TAMRON 18-270mm(B008)"だけを使って
自分の写真を撮る

というもの。




60人の精鋭写真家がこのレンズを通して何を伝えるのか
超たのしみ。

ネットでも作品は見られるけど
プリントを見てみたい。



これは、行くしかない。

関連記事

イマ ココ。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今日のヨガの教え。

人は過去と未来に95%の意識を持っていっている。

今を意識するには、五感を働かせること。

匂いだったり。
手触りだったり。

そういうのをフルに活用することによって
今を意識できる

というもの。


ヨガをしているとき動きながら瞑想をしているのですが
(動的瞑想ね)

本当は、雑念が沸いてきたら
それにフォーカスを当てずに
俯瞰からそれをながめる。

あくまでも客観的に。

そして、ひたすらその雑念が消えていくのを待つ。


理想は、イマ ココ。

ひたすら呼吸だけに集中すること。



雑念だらけの私は
この境地に達するのはまだまだなのですが


イマ ココ

を意識するようにしていこう。




ヨガの先生は、これを意識するようになってから
今までよりも「幸せ」を感じることが多くなった

と言っていました。

秋を、探しに。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

IMG_2150.jpg
EF85mm F1.2L USM

★IMG_2402
EF85mm F1.2L USM

IMG_2255.jpg
EF85mm F1.2L USM

★IMG_8946
EOS 60D EF85mm F1.2L USM

関連記事

映画「ひろしま」@広島~10/21

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画:被爆直後の「ひろしま」描く 半世紀経て“原点”で公開--きょうから /広島

 ◇きょうから中区「八丁座」
 原爆投下8年後の1953年に公開され、被爆直後の広島市民の苦悩を描いた映画「ひろしま」(関川秀雄監督)が1日から、中区の映画館「八丁座」で上映される。公開当時、広島で初めて上映されたのは、現在の八丁座の位置にあった「福屋劇場」。半世紀以上を経て、“原点”の地に戻ってくる。【寺岡俊】

 「ひろしま」は、原爆の惨劇を体験した少年少女の手記「原爆の子」が原作。物が手に入りにくい時代、地元教諭らが中心となって制作費を集めた。エキストラとして市民約9万人が参加。被爆者も少なくなかったという。55年のベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞したが、日本での知名度は高くない。制作当時、大手配給会社から配給を拒否されるなど、小規模上映となり、「幻の映画」とも言われている。

 公開に先立つ30日、「ひろしま」の監督補佐だった故小林大平さんの長男で、映画プロデューサーの小林一平さん(64)が記者会見。「再び広島で上映できることに、天国にいる大先輩たちも大変喜んでいると思う」と語った。小林さんは、この映画を世界に広める活動をしている「奇跡への情熱(核廃絶プロジェクト)」の代表。立命館大生の協力のもと、英語字幕版DVDも製作し、今年5月にスペイン・バルセロナで開催された国際平和博物館会議で、字幕版が初上映された。

 フィルムは劣化しているため、小林さんは音声や画像を修復し、制作当時の完全プリント制作と、外国語字幕版制作のための募金をしている。「ひろしま」の上映期間は21日まで。

毎日新聞 2011年10月1日 地方版

関連記事

のげやま動物園開園60周年!

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

これからもずっと大好き
市民に愛される動物園開園60周年を祝おう!
 1951年の開園以来、横浜市民に愛され続けている「野毛山動物園」が今年で60周年を迎え、10月1日(土)~31日(月)に、「60周年記念キャンペーン」を開催します。

 プレゼントやイベントが盛りだくさんの同キャンペーン。例えば、ポスターが貼ってある野毛地区の商店(約500軒)で引換券をもらい、動物園へ行くとポストカード(写真右上)をプレゼント。また、期間中の土・日曜、祝日には、入園先着100人に、同動物園の歴史がわかる、60周年限定のポストカード(写真右下)のプレゼントも。そして、10月15日(土)午前11時からは、「ひだまり広場」で記念式典を開催。式典に参加した先着200人に記念のピンバッジと、記念誌のプレゼントが。

 さらに式典終了後の午後1時30分からは、フタコブラクダのご長寿「ツガル」さんや、トラ・ライオンなどの動物舎で飼育員がエサやりなどをする、スペシャルガイドも実施します。このほか今は見ることのできない建物や動物たちの昔の写真を展示する写真展も。 

 野毛の街全体で盛り上げる60周年。野毛散策を楽しみながら、かわいい動物たちに会いに出かけて!


のげやま動物園開園60周年

野毛山動物園は、戦災の傷がいえない昭和26年4月1日に「野毛山遊園地」として開園しました。この60年間、地域の方々に支えられ今日に至りました。これからも身近に楽しめる動物園として、歩み続けていきます。

そこで、地域と野毛山動物園では、感謝の気持ちを込めて、平成23年10月1日~31日まで街をあげて、開園記念キャンペーンを行います。


◆ 野毛地区限定ポストカードプレゼント

【期間】 10月1日~31日まで毎日
【内容】 野毛地区で60周年記念ポスターのある商店で引換券をプレゼント!
この引換券でオリジナルポストカードがもらえます。※なくなり次第終了


◆ 60周年記念ポストカードプレゼント

【期間】 10月土日祝 各日入園先着100名様
【内容】 動物園の昔がわかるオリジナルポストカードをプレゼント!
毎週種類が変わります。


◆ 大すき野毛山動物園 応援メッセージ

【期間】 期間中毎日
【内容】 野毛山動物園への応援メッセージを展示します。


◆ ありがとう60周年写真展

【期間】 期間中毎日
【内容】 野毛山動物園の昔の写真を展示します。
今はもう見ることができない建物や動物など、昔の写真を見た後は、ひと味違った動物園を楽しめるかもしれません。

◆ なかよしショップ
・のげやまソフトで「60周年記念ポストカード」プレゼント
【期間】 9月1日~なくなり次第終了
【内容】 のげやまソフトを購入すると、60周年記念ポストカードを1枚プレゼントします!

・「60周年記念ポストカード」5枚セット販売
【期間】 9月1日~なくなり次第終了
【内容】 記念ポストカードを5枚セット300円で販売中です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。