--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CPX2012】電車の中で撮影セミナー?

Posted by しいれい on   1 comments   0 trackback

ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅。

1-IMG_0768474,02500100120429_1

電車をまるまる貸し切って
トークショーをやってしまう企画。

1-IMG_07811204291-IMG_0781324,01250100

6時間、ダラダラとやるというコンセプトだったけれど
超中身の濃いものでした。

CP+(シーピープラス)が一方通行のものだとしたら
CPX(シーピーエックス)は、双方向のコミュニケーションにしたい

とのこと。


1-IMG_1052555,6800400120429


SILKYPIXのRAW現像のセミナー

TAMRONレンズの紹介

VELBON 三脚の使い方講座。

確かに、いろんな質問ができる環境で、本当に楽しかった☆

1-IMG_0980.jpg

カーボン製は、振動の衝撃を抑えるのに適しているのだそうです。


2012年5月発売予定
ベルボン Geo Carmagne E445M ハイスペックカーボン三脚



プレシジョンレベラーも新しく発売される予定。
1-IMG_1233.jpg





関連記事
スポンサーサイト

【CPX2012】前夜祭

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

大道芸のあとは長距離バスで勝田までの小旅行。

ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅にてCPXという撮り鉄イベントがあるとのことで。
私も鉄女になれるかしら。。。
不安大ですが、とりあえずバスに乗り込んだ。

IMG_0261-001.jpg


テラスイン勝田。
IMG_0273-001.jpg

あ。ちなみに翌朝の朝食はこれ。
「朝カレー」が主張してきたので、もちろん食べましたとも。

1-IMG_0613_20120501042622.jpg


オークションだったのにいつの間にかじゃんけんになってた。
どういうこと??げらげら
IMG_0387-001.jpg


二次会はアイリッシュバーへ。
IMG_0477-001.jpg

ビール、うまっ
あ、フライング。
IMG_0495-001.jpg

カニミソグラタン うまっ
IMG_0515-001.jpg


新製品のカメラテストする広田氏。
ぶつぶつ言いながら。
すごいな~と感心。
1-IMG_0555.jpg


TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)
IMG_0563.jpg


久しぶりにお会いした広田泉氏、絶好調!
IMG_0594-001.jpg

関連記事

野毛大道芸

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

晴れてよかった。

IMG_0243-001.jpg


IMG_0220-002.jpg


IMG_0240-001.jpg

関連記事

コメダ珈琲店へ行ってきた♥☺

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

収納コンサルタント「すずくり」の鈴木君枝さんと

コメダ珈琲店へ行ってきたよ。

1-IMG_8309.jpg

お互い仕事途中のランチってことで
ゆっくりはできなかったけど濃厚な時間を過ごしました。

1-IMG_8332.jpg

シロノワールというものが有名らしい。。。

1-IMG_8335.jpg

ごちになった。
ありがとうございます。

今度もっとゆっくりおしゃべりしたいね。

関連記事

Facebookページつくりました。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

Facebook暦3年目にして、やっと最近意味がわかるようになってきました(恥)

本日Facebookページ オープンいたしました。

seerayphoto500px_20120426113020.jpg

みなさま ぜひぜひ「いいね!」をお願いします

【出張撮影】しいれいphotoのFacebookページ



関連記事

【記事】<弔いのかたち>遺影 肖像画で「成長」した姿に

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

<弔いのかたち>遺影 肖像画で「成長」した姿に
2012年4月24日(火)13:00 毎日新聞

 時代の風が生き方を変えていくように、死を取り巻く風景も移ろっていく。東日本大震災で多くの命が奪われた一方、日常の身近な死は見えにくくなっている。亡き人をいかに悼み、自らの最期にどう備えるか――。現代の「弔いのかたち」を探っていく。【丹野恒一、山寺香】

 ◇希望通りに修正 専門の写真館も

 「おっ、卓弥も来たな。これでみんなそろった」

 昨年1月9日、福島市の成人式会場。久しぶりに顔を合わせた中学時代の同級生たちの輪の中に、額絵に描かれたスーツ姿の青年がいた。

 高校1年だった06年、自転車で大型トラックにひかれて亡くなった斎藤卓弥さん。肖像画には、生きていたらなっていたであろう少し大人びた卓弥さんが写真のように描かれていた。

 母親の貴栄(たかえ)さん(45)は、生前の写真をもとに成人した姿を描いてもらえると知り、神戸市の肖像画家、粳池能子(うるちいけのうこ)さん(46)に制作を依頼した。「二十歳になった卓弥に会いたい」との思いだった。

 卓弥さんの写真とともに、真新しいネクタイを粳池さんに預けた。二十歳の記念に買ったネクタイだ。スーツも夫のものを撮り、作画の参考にと送った。

 当日は、「卓弥も連れて行きたい」と申し出ていた親友が肖像画を抱え、式典に臨んだ。夜に開かれた同窓会も一緒だった。貴栄さんは「友人たちは『まるで卓弥がいるように楽しい時間を過ごせました』と言ってくれた。今も卓弥の記憶は15歳で止まったままだが、一瞬だけでも『大人になったんだよ』と言ってあげることができて本当によかった」と話す。

    □

 粳池さんは17年前から、写真を模して肖像画を描いている。修正の要望があれば、輪郭や髪などを変えて年相応に仕上げる。当初は先祖代々の肖像画を家に飾っている人からの依頼が多かったが、最近はニーズが多様化。「生後まもなく集中治療室から出られないまま亡くなった子どもを、チューブが外れた姿で残したい」といった注文もあるという。

 大阪府八尾市の介護福祉士の女性(43)は一昨年、父親の古希の記念にと、粳池さんに肖像画を依頼した。好きなたばこを指に挟んだ写真と、表情が良い写真を送り、組み合わせて描いてもらうことにした。

 しかし、父親は間もなく胸に悪性の腫瘍が見つかり、抗がん剤治療で風貌も変わってしまった。70歳の誕生日の4日前に息を引き取り、同じ日、ちょうど出来上がった肖像画が届いた。

 絵の梱包(こんぽう)を解くと、家族たちは息をのんだ。「元気だったころのお父さんそのままだ」。遺影として葬儀の祭壇に飾ることに、異論は出なかった。「あまりにも『生きた絵』だった。迷いはなかった」と女性は振り返る。

    □

 「人生で最後の写真を撮るわけじゃない。声に張りがあるから、あと20年は生きるね」。東京都中野区の写真スタジオ「素顔館」で遺影写真家の能津喜代房(のづきよふさ)さん(63)は、鹿児島から上京した村田ツヤ子さん(73)に話しかけた。撮影前に約30分かけて雑談で緊張をほぐし、「普段着の笑顔」を引き出していく。

 村田さんは40年前に夫を亡くし、働きながら2人の子どもを育てた。撮影は、都内在住の長女、前東さとみさん(49)が「離れて暮らす母のとびきりの笑顔を残したい」と提案した。「生きているうちに遺影を撮るなんて戸惑ったけれど、自分のお葬式で気に入った写真を飾ってもらえるならうれしい」と快諾。孫の杏依(あい)さん(20)も含め3人で写真館を訪れた。

 最初は表情が硬かった村田さんも、杏依さんがカメラの背後に立って手を振ると、宝物を慈しむような優しい笑みに。その瞬間、シャッターがカシャリ。杏依さんは「おばあちゃんらしい」とうれしそうだった。

 撮影を終えた村田さんは「これでお葬式の時も安心です」。毎年遺影を撮り直す人も少なくないと聞き、「来年はもっと明るい口紅にしよう」と3人で話が弾んでいた。

 能津さんは08年に遺影専門の写真館をオープン。葬儀に参列するたび、集合写真を無理に引き伸ばした、ぼやけた遺影を見て悲しかったという。これまでに2500人以上を撮影した。

 「生前の遺影撮影は、本人だけでなく残される家族のためでもある。子や孫がうれしいことを報告すると、『良かったね』と返事が返ってくるような写真を撮りたい。そうすれば、いつも一緒にいるような気持ちになってもらえるのでは」

 ■利用案内

 ◇遺影の生前撮影

 全国2600の写真館が加盟する「日本写真館協会」は昨年から、各地で「明るい遺影写真展」を開き、生前撮影の普及を図っている。今夏は新潟で開催予定。公式サイト(http://www.shashinkan.com/)で最寄りの写真館を検索できる。能津さんの写真スタジオ「素顔館」は、撮影と2Lサイズのフレームがセットで6500円、データCDも付けると1万5000円が標準価格。電話03・6659・5111。サイトhttp://sugaokan.com/

 ◇写真による肖像画作製

 粳池さんの「アトリエNOKO」は額縁付き肖像画で4号12万円から。電話078・917・3110。サイトhttp://www.hi-net.zaq.ne.jp/noko/



-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 女性フォトグラファーが、あなたのお家・趣味の場所などへお伺いして
    自然な笑顔の生前遺影を撮影します。

✽ ご家族やお友達などと普通に過ごしているお姿をドキュメンタリーの形で撮影します。
    そのレポートはこちら。⇒☆

お問い合わせ・お申し込み⇒しいれいphoto まで。

-------------------------------------------------------------- ♥ --




関連記事

Biooooくん考。

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

女子よりサラサラヘアのBiooooくん。

きれいな顔立ちに、不釣合いな大きなメガネは、
照れ隠しなんだとか。

1-IMG_4166.jpg


PVの撮影の前々日、突然アフロになって登場した彼に
誰もが驚いた。

1-IMG_7155.jpg

「ズラ?」

「家が火事になって」

そんな言葉も飛び交ってみんなを笑わせた。



でも、似合ってる。

1-IMG_7167.jpg



そんな彼が、今日いきなり
しいれいさん、4月誕生日ですよね

って、突然。
ケーキをくれた。

1-IMG_9086_20120424022912.jpg


いや。これは私だけではなく

彼は、最近のお誕生日迎えたみんなに。



あ、そうそう。
こんなこともあった。

macにコーヒーをこぼしてしまった人がいて。
あ~あ。やっちゃった

っていう雰囲気の中

彼はツカツカって後ろの席から
その人の所へ行って、黙ってコーヒーを置いていった。

私はそれ見たとき
感動して泣きそうになった。

なんつー、人の心が分かる人なんだろうって。


1-IMG_7169.jpg


そんなBiooooくんのPV撮影しました。
ロンゲからアフロになった彼。


PV撮影に対する気合が伝わってきて
よっしゃ、私もBiooooくんを気合入れて撮ろうって思ったよ。


“Bioooorhythm - Bioooo (ミュージックもん)”



その模様は後ほど。




最近超忙しい。。。
うれしい悲鳴です。

--------
5/27追記

できあがりのPVはこちら。(click↓)
Bioooo"

Bioooo - Good Vibes(Bioooorhythm promotion)
「NTT東日本 フレッツ光2010」のラジオCM楽曲。

関連記事

タイフェスティバル2012 代々木

Posted by しいれい on   0 comments   1 trackback

今年も、やってきた☆

タイフェスティバル2012 代々木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■第13回タイ・フェスティバル2012
【東京都・代々木】

http://www.thaifestival.net/

日程:2012年5月12日(土)、13日(日)
会場:東京都渋谷区 代々木公園 イベント広場およびケヤキ並木
時間:10:00~20:00 雨天決行
主催:タイ王国大使館


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■第10回タイフェスティバル2012大阪
【大阪府・大阪市】

日時:2012年5月19日(土)、20日(日) 10:00~20:00
会場:大阪城公園 太陽の広場


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■タイフェスティバルin名古屋2012
【愛知県・名古屋市】

日程:2012年5月26日(土)、27日(日) 10:00~20:00
会場:久屋大通公園久屋広場(名古屋市中区)
問合:タイフェスティバルin名古屋実行委員会
   担当:岸口・村山
   Tel: 052-961-2224(株式会社三晃社内)

http://www.thaifestival.net/

関連記事

【撮影レポート】セミナー撮影の巻

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今回の撮影オーダーをいただいたのは

顧客満足度一位 ソフィアブレイン 小宮山真吾氏。

1-IMG_5067.jpg


実際のセミナー風景を撮影させていただきました。
リアル撮影です!
ご協力いただきました国際ファッションセンター株式会社様ありがとうございました☆

セミナー中は、「頭から火が出るかと思った」という感想もあり。。。
短期集中セミナーとしてギュっと中身の詰まったものでした。

終了後は懇親会もあり、カメラマンの私も誘ってくださり感激。
ファッション業界の方々の熱い思いにも触れ、刺激的な一日でした。

1-IMG_4872.jpg


以前、女性起業「たまご塾」IT活用販促コースを受けました。
この講師が小宮山真吾氏でした。

もうこの小宮山氏、ポーカーフェイスながら
出す課題は半端なかったです。

4ヶ月間の受講期間中に、交わされたメーリングリストの件数は2400件超え。

もう受講生の私たちは必死で必死で課題をこなしていったわけです。

たった4回のセミナーです。
それなのに、最終日はみんな涙、涙の感動のラストでした。

そしてたまご塾で一緒にがんばった仲間とは今でも
新たにfacebookグループを立ち上げ、お互いのホームページの
フィードバックをし合ったり、濃厚でスペシャルな関係が続いています。

4-IMG_4908.jpg


私、セミナー好きなもので(笑)
数々のセミナーに参加してきたのですが
小宮山真吾氏は、その中でダントツと言っていいほどの 

超・満足のセミナー講師です。

5-IMG_5163.jpg


そんな、小宮山真吾氏と、ワーキングマザーである石崎舞子氏の
セミナーが明日開催されます。


お二人は、「コーチング」のプロ。
きっと有意義なセミナーであることは間違いなし。
自信を持っておすすめします。

詳しくはこちら

お申し込み⇒http://goo.gl/lo4NQ  




3-IMG_4416.jpg


-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 詳細・料金はこちら。⇒✽  出張撮影3時間コース

✽ 撮影のお問い合わせ⇒✽ しいれいphoto

-------------------------------------------------------------- ♥ --

この日撮影させていただいたものがのパンフレットになりました⇒ソフィアブレイン 小宮山真吾氏 パンフレット

小宮山真吾


関連記事

【生きた証】自分[親]の遺影を撮ろう!のススメ。【自分らしさ】

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback


【生きた証】自分[親]の遺影を撮ろう!のススメ。【自分らしさ】
Naverまとめ  つまり、『気に入らない写真が末代まで飾られ続けるなんて絶えられない!!』ということ。

◆遺影は自分で撮影しておく時代に。
今までは亡くなってから家族が選んでいた遺影。
最近は生前に自分で撮影したり、用意しておく方が増えています。
ずーっと飾られるものだから自分の納得のいくものを残したいですよね。
遺影を用意しておく…縁起でもない!! なんてことは全くない。
自分の為にも、家族の為にも遺影は気に入った写真がいいに決まってます。
『遺影』としてじゃなくて『写真』はいっぱいあった方がいいじゃないですか。
自分を知らない子孫達が自分の存在を知ることができるのは遺影。

自分の実家のお仏壇を思い出してください。
あったこともないご先祖様の遺影に、こんな人だったんだ…とか思いませんでしたか?
そうやってずーっと飾られる遺影が、自分の気に入らない写真だったら…私はほんとに悔やむと思います。
気に入らない写真が末代まで飾られるなんて絶えられない!!
NEWSポストセブン|みうらじゅん 両親の遺影を撮る「イェ~イ旅行」を提案する
http://www.news-postseven.com/archives/20110907_30298.html
これはいい提案!!!
◆遺影の現状
遺影は自分の意志で選ばれないことが多い。
亡くなる人がこの写真を遺影にして…と言っておくということは自分の親戚をみても私は見たことがありませんでした。
亡くなってから、お通夜までの短時間で写真探しから作成まで行われるのでゆっくり写真を探す時間もない。

お葬式の準備など慌ただしい中で写真を探し、それを写真屋さんが、だいたいの場合、背景から切り抜き、服を喪服に着替えさせ、小さなスナップ写真を大きく引き延ばして短時間で祭壇の中央へ飾られるのです。
仕上がりは違和感もありますし、写真の印象も大きく変わります。
ご年配の方ほど写真に写る機会が少ない

まとめ人は遺影を作っていたことがあります。
ご年配の方の写真で持ち込まれる写真で多いのは、免許証などの証明写真に、結婚式の親戚の集合写真。
そんなに写真を撮る機会がないのかとびっくりしました。
そして、自分の免許をみても分かる通り、写り悪いですよね…。
◆では、どうすればいいのか
1人で写っている写真をたまには撮っておく

旅行に行ったとき、お花畑や、景色がきれいな所に行った時、オシャレして出かけたとき。
そんな時は一人で写る写真を1枚くらいとっておくようにしましょう。
出来れば上の写真のように縦でウエストから上、背景もコレぐらい入っていれば十分。
親戚の結婚式、コレはチャンス!!

結婚式にはプロのカメラマンがいることが多いです。
そして出席するのに着物やおめかしをしています。
実際、遺影の写真には結婚式で撮ったスナップを持ち込まれる場合も多いです。
カメラマンさんの中には意識して(遺影用とは言いませんが)親族のおじいさん、おばあさんの一人の写真を撮っておく方もいます。
カメラマンさんに一人の写真を撮ってくださいと言えば、喜んで撮影してくれると思いますよ。
友達同士で撮影会してみる

お友達と写真の撮影会をしてみましょう。
盛り写でも、取り直しも、友達同士なら楽しくできますよね。
写真館で撮影してみる

写真館には、スタジオ撮影はもちろん、ロケーションフォトなんてサービスもありますし、遺影用の撮影コースがあるところもあります。
それに、たまには肖像写真を撮るなんてカッコいいじゃないですか。
自分らしいらしさが出ている写真がいい
今までの遺影は正面を向いたグラデーションの写真が一般的でしたが、最近はそうではないようです。
自分らしい格好で、自然なポーズで撮影されているようです。
まとめ人がステキだなと思った遺影はいかりや長介さんの遺影。ベースを弾いている遺影でした。
CM撮影の時の写真だそうですがとてもステキな写真です。
5年に1度くらいは選び直しましょう。
遺影があんまり若かったらハズカシいですもん。
◆気に入った写真が撮れたら…
「この写真を遺影に!!」と家族に意思表示しておく
せっかく撮っても家族が知らなければ意味が無い!!
お葬式前は慌ただしいもの。
写真の置き場を伝えておけば安心です。
データを残しましょう
遺影になるとき写真は大きく引き延ばされます。
写真から作成するとどうしてもぼけてしまいます。
ですから、デジカメならデータを、フィルムならネガを残して、写真と一緒にほかんしておきましょう。


------------------

みうらじゅん 両親の遺影を撮る「イェ~イ旅行」を提案する
2011.09.07 16:00

 みうらじゅんは、1958年京都生まれ。イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、ラジオDJなど幅広いジャンルで活躍。1997年「マイブーム」で流行語大賞受賞。仏教への造詣が深く、『見仏記』『マイ仏教』などの著書もある彼は、遺影写真をあらかじめ撮っておくことを推奨している。
 
 * * *
 葬儀会社の人に話を聞くと、生前に遺影を準備している男性は、一割ほどしかいないらしい。ようするに死んでから遺族があたふたと遺影用の写真を探すワケだ。引き伸ばした額入り遺影を通夜までに用意するには、一般的に、死亡から24時間後には写真を葬儀会社に渡さなければいけないという。
 
 そんなタイムリミットの中で、アルバムや、最近はデジカメだからパソコン内のメモリーを、いい写真がないかと探しまくる。ハッキリいって、これじゃあ泣いてる暇もない。 結局、旅行写真や結婚式の集合写真、最悪は免許証の写真を引き伸ばして使うこともあるらしい。
 
「あの写真、ボケボケじゃない?」
 
 たまに、そんな遺影に出会うが、それはたいていがこのパターンだ。死んだ時に比べ、ずいぶんと若い時の写真にぶつかることもある。
 
「葬式にまで若ぶりやがって」
 
 てっきりそう思っていた遺影も、実はそんな写真しかなくて、しょうがなくて使ってるらしい。それはまずい! 自分もそうだが、さしあたり親の遺影がそれではまずい。だから勧めたいのが、私のような両親との“遺影撮影旅行”だ。
「お父さん、『イェ~イ!!』っていってみて!」
 
 そういって撮れば、遺影旅行というよりも“イェ~イ旅行”だ! いいでしょ、これ。ただし80歳以上の親限定かな。そこまで生きれば、そろそろそんな話をしても怒られないでしょ。
 
 遺影ひとつで葬式の雰囲気はガラリと変わると、葬儀会社の人もいっていた。それだけ重要なのだ。私のオトンの遺影は、その“イェ~イ旅行”で撮った写真に決定した。いい顔してた、それ……。
※週刊ポスト2011年9月16・23日号



-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 女性フォトグラファーが、あなたのお家・趣味の場所などへお伺いして
    自然な笑顔の生前遺影を撮影します。

✽ ご家族やお友達などと普通に過ごしているお姿をドキュメンタリーの形で撮影します。
    そのレポートはこちら。⇒☆
✽ お問い合わせ・お申し込み⇒しいれいphoto まで。
-------------------------------------------------------------- ♥ --






関連記事

出張撮影【フォトブック プラン】

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

2012年の母の日は、5月13日です。

今年は一風変わったプレゼントをしてみませんか?
家族ポートレイト写真を、フォトブックにして、お母様へプレゼント。

撮影~フォトブック作成までのパッケージ

【フォトブック プラン】のご提案です。

出張エリアは横浜近郊~都内など。
その他のエリアはご相談ください。

撮影場所は、ご自宅・公園・趣味のスペースなどなど
全てがあなたのスタジオ ステージとなります。

1-IMG_4181-001.jpg

【フォトブック プラン】

出張撮影料(3時間)+フォトブック作成料

4万円+交通費(桜木町⇔現地)

+入場料などが発生した場合は実費


【納品物】
・フォトブック 40ページ(オプションで追加ページも可能)
・DVD-R(100カット以上の高解像度データ)
  ※状況にもよりますが、通常500カット以上 撮影しています。

写真は15~20枚程度をチョイスしていただいてフォトブックを作ります。
それに添える文章を考えてみてください。
難しい場合は、おまかせでもOKです。
--------------------

お渡しするDVD-Rデータは、100カット以上なので
用途はご自由です。

・ブログやfacebookなどのプロフィール写真として。
・遺影として。(縁起が悪いって言わないで。今、流行っているのです。生前遺影。)

ご家族でしたら、3時間以内何名参加してもOK!
あなたのフェイスブック用のプロフィール写真も撮影します!



スタジオ撮影にはない、自然光の下で撮るナチュラルフォトです。

お好きな場所、お好きな人たち、お好きな物とご一緒に
あなたらしいカットを、お撮りします。

フォトブックは、各社出ていますが、私が一番気に入っているのは
PHOTO PRESSOです。

紙がマット紙で、かわいく仕上がるので大好き。

こちらがフォトブックのサンプルです。






撮影から、フォトブック完成⇒発送まで2週間程度お時間がかかります。
ご注文はお早めに~♥

seelayphoto(アットマーク)gmail.com
しいれいphoto まで。


既に、ぞくぞくとオーダーいただいています。
ありがとうございます!


素敵なフォトブックを一緒に作りましょう。

関連記事

「甦れ 東北の鉄路」広田泉氏 出演

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

鉄道写真家として、被災地の復興を絶えず考え
そして驚異的な行動力で実行していく広田泉氏。

広田泉



「助けたい。。。」

その思いは、本物。

鉄道写真家の広田泉氏は、被災した鉄道を応援する写真集
「ここから始まる」を出版。
収益の全てをひたちなか海浜鉄道などに寄付するなどの応援活動をされています。

また一方で、写真家という肩書きは投げ捨て
スコップひとつ持って泥だらけになって活動している姿は
強く心を打ちました。
きっと被災地の人たちも同じ気持ちだったでしょう。


災害ボランティアのベースでは
広田氏のリーダーシップぶりに

「その道のプロかと思った」

と写真家であったことに驚く人たちもたくさんいました。



本日、広田泉氏がTV出演されます。


「甦れ 東北の鉄路」再放送

BSフジ
4月14日(土)20:30~22:25

http://www.bsfuji.tv


広田泉

2011年9月 南三陸町にて



関連記事

スタジオ撮影~ JTさんの巻

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

19歳で単身ジャマイカへ行き、人生の大切な部分を
ジャマイカで教わったと語る熱い男!

音楽と、で人々をハッピーにする」

と、言いきる。

近々、何かやってれるというポテンシャルを
感じずにはいられない。


★NS_464-500×750-1
EOS-1Ds MarkⅢ @SENGOKU STUDIO


★NS_462


★NS_463


★NS_471

関連記事

丸の内にて想う。。。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

手作りケーキのプレゼント。
めちゃ、うれしかった。
かよちゃん、ありがと~。

1-IMG_5171.jpg


そして今日、またまたKアネゴよりケーキのプレゼントだ。

わーい。
コレド日本橋のカフェにて。

いろんな話をした。

1-IMG_5183.jpg

さくら通りを散策してみる。

丸の内のOLかっこええ。


1-IMG_5188.jpg


私もひと昔、ここで証券会社OLしてたこともあったな~。
本社の広報部。

すごく、居心地がよくて、
職場のみんなも楽しくて。

だけど。だから?

このままじゃ、だめだと思って辞めた。
私はカメラマンになるんだ!

って、辞めた。


1-IMG_5193.jpg


あれから。

波乱万丈。
いろいろなことが起こった。

年収は、信じられないくらい下がった。

でも。

今の自分を後悔してない。
フォトグラファーは、私の天職だと
言い切れる。


1-IMG_5206.jpg
日本橋三丁目さくら通り

関連記事

物撮り@SENGOKU STUDIO

Posted by しいれい on   4 comments   0 trackback

外スナップが好きだけど
スタジオ撮影もいいね~

みんな真剣。

1-IMG_4173.jpg

今日が満開のピーク。
旭山桜を天塩にかけて育てたMIHO-KAちゃん。

1-IMG_4142.jpg



1-IMG_4196.jpg


1-IMG_4190.jpg


1-IMG_4154.jpg

「撮ってくれてありがとう」

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

大岡川の川沿い。

1-IMG_3981.jpg

桜、満開ですね。
こんな春は、きっといいことある。

1-IMG_3975.jpg



マクロで、桜を撮っていた。
1-IMG_4072.jpg


1-IMG_4094.jpg

そしたら、親子がやってきて桜に足を止めた。

私は被写体を、桜から少年に切り替える。
少年たちを、恐る恐る撮った。


1-IMG_4028.jpg


親が一緒だから、「撮らないで」
って言われるかしら。

内心ドキドキ。

いつもだったら、声をかけるはずが
今回は、なんとなく自分で萎縮している部分があって
少年達には一言も声をかけずに撮っていた。

無言で、シャッターを切る。


親の「じゃ、行こう」

っていう言葉に
少年たちは、歩き出した。

ふと、少年が振り返り叫んだ。

「撮ってくれてありがとう!」


1-IMG_4042.jpg


え?

あまりの驚きで、ブレてますが、カンベン。



私も思わず大きな声で叫んだ。

「うん!ありがとね~」


1-IMG_4047_20120409030603.jpg



って、それだけしか言えない自分が情けなかった。

完全に少年の方が大人だ。





「撮ってくれてありがとう」


なんて、ストレートに心に届く言葉なんだろう。

少年が叫んだ言葉の確かさに感動した。



被写体との対峙。

これは、私にとって永遠のテーマだ。





クレイアート~粘土で作るお花たち~

Posted by しいれい on   4 comments   0 trackback

クレイアートというものにチャレンジだっ。

真っ白な樹脂粘土に、絵の具をまぜて色をつけていく。

1-IMG_3756.jpg

一枚一枚花びらなどのパーツを作っていき・・・
グラデーションの色をつけていく。

1-IMG_3773.jpg

完成!!
束ねると、ゴージャス♫
1-IMG_3788-001.jpg

乾燥させると、ちょっとのことでは壊れないんですって。
講師の白岩江依子先生のアクセサリー。
思わず、これ欲しいって思っちゃった。

1-IMG_3824.jpg


それじゃあ、僕も。
ってことで?

ピアスにもできるんです。

かよちゃん、びっくりの画。

1-IMG_3806.jpg


ほれ。

1-IMG_3820-002.jpg


私の作品。
作業中、先生に「あなた、こういうの嫌いでしょ」

って言われて、図星だったから絶句しちゃった。

でも、完成作品では「成功ね」って言われて
あ~よかった。

1-IMG_3831-001.jpg



関連記事

井上隆敏 写真展 「美女多彩」

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

キヤノンフォトクラブでいつもご一緒している
井上隆敏さんが個展を開いたので早速出かけてみた。

井上隆敏 写真展「美女多彩」

1-IMG_3938.jpg


「写真をやってきた集大成だから」

今回の個展を開いた理由。

写真家にとって、個展開催は夢なのです。


1-IMG_3898.jpg

1-IMG_3908-001.jpg

井上さんと一緒に街スナップ撮影をするとおもしろい。
被写体に本当に友達のごとく話しかけて撮っていく。

私ひとりだったら絶対に撮れないという写真が撮れてしまう。

井上さんの放つ絶対的な安心感と、
人間的度量の深さ。

1-IMG_3856-001.jpg

そういうオーラが出まくっているから
初対面なのに変に安心してしまう。

本当に自然に街の人々は、井上さんのカメラを許してしまうのだ。
井上マジックとでも言うのでしょうか。


1-IMG_3923-001.jpg

43点の「彩」ある女性達の写真は圧巻。

1-IMG_3943.jpg


井上隆敏写真展 「美女多彩」

4月5日(木)~4月10日(火)
10:00~18:00(最終日15:00 )

会場:ぎゃらりー彩光(横浜市中区)
横浜市中区相生町3-63 ヤオマサビル 1F
045-681-0768

JR関内駅  北口より6分
市営地下鉄線 関内駅3番出口
みなとみらい線 馬車道駅5番出口
地図⇒http://www.gallery-saiko.jp/map.html

関連記事

春の、野毛大道芸

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

第38回 野毛大道芸 
 2012年4月28日(土).29日(日)開催決定!


今年も、野毛大道芸の季節がやってきました。

芸人と、お客さんの間に笑いが溢れ
温かい空気が流れる。

1-_MG_2350.jpg
EF85mm F1.2L USM(F2 ISO200 1/2000)


そんな大道芸が好き。
みなとみらいのおしゃれな景観の中で見るよりも、
やっぱり私は昭和の風情満載の野毛でやる大道芸が好き。

★500px巨人の一歩
EOS 5D Mark II EF24-105mm F4L IS USM (1/500s F4.0 24mm)

2011年春 野毛大道芸フォトコンテスト 佳作受賞した作品です。

「巨人の一歩」





【記事】広がる生前の遺影撮影 自分らしい姿を子孫に

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

広がる生前の遺影撮影 自分らしい姿を子孫に
2012.4.2 産経新聞

 日本写真館協会は、全国約2600の写真館の活性化を目指し「顔ビジネス」を推進。昨年から持ち込みが可能となった運転免許証用の顔写真撮影を推奨する一方、硬いイメージが強かった遺影写真に新風を吹き込もうと、昨年から「明るい遺影写真展」を開催中だ。

 出展作品450点の中には斬新なものが目立つ。宮城県名取市の伊藤写真館が出した遺影写真はアマチュアのハワイアンバンド歴50年の男性(72)。アロハシャツ姿でウクレレを手に、古希の祝いを兼ねて撮影した。道着姿で「蹴り」の型を披露しているのは、茨城県土浦市で写真館を営む内田弘志さん(64)。同市内で少林寺拳法の指導者として40年教える内田さんの還暦祝いを兼ねて長男が撮影した。

 憂いなし

 生前に撮った遺影写真を預かり、万一の時に葬儀社に写真を提供する「遺影バンク」サービスもある。

 写真加工などを手掛けるアスカネット(広島市)はインターネットのほか、プリント写真の郵送でも受け付ける。登録・保管料は無料(郵送はデータ変換手数料3150円)。利用者は登録した写真が葬儀で使われる際、アスカネットからデータ提供を受けた葬儀社に代金を支払う。

 アスカネットの担当者は「突然の葬儀で良い写真が見つからず悔やむ遺族は多い。生前に家族で話し合い備えることで憂いはなくなる」と指摘している。



-- ♥ --------------------------------------------------------------

✽ 女性フォトグラファーが、あなたのお家・趣味の場所などへお伺いして
    自然な笑顔の生前遺影を撮影します。

✽ ご家族やお友達などと普通に過ごしているお姿をドキュメンタリーの形で撮影します。
    そのレポートはこちら。⇒☆

お問い合わせ・お申し込み⇒しいれいphoto まで。

-------------------------------------------------------------- ♥ --

関連記事

被災地で出会った天使。

Posted by しいれい on   1 comments   0 trackback

津波被害の爪痕が残る南三陸で、
出会った天使。

1-1-IMG_6932.jpg


1-IMG_6994_20120402014930.jpg



1-IMG_6962_20120402013436.jpg

関連記事

【撮影レポート】収納のプロ!の巻

Posted by しいれい on   2 comments   0 trackback

今朝、電話で撮影のオーダーが。

土曜日の朝ヨガが終わって、今日はゆっくりとしようかな、
と思っていた矢先でした。

「急なのですが、今日の2時なんです」

って言われて、一気にテンション上がる。


というわけで行ってまいりました。
住空間収納プランナー 鈴木君枝さんの打ち合わせに同行撮影です!

1-IMG_3455.jpg

仕事をバリバリにやっている時、片付けは二の次になってしまいます。
そうすると、どんどんたまってきて、、、
自分では手がつけられなくなってしまうことってあります。
私も「断捨離」をはじめ、過去に片付け本は、読破してるのに何度挫折したことか。

だって、片付けってものすごいエネルギーと決断力が要求されるから。
そんな時、プロがお家に来てアドバイスしてくれる

快適・片付く、住まいづくりのお手伝い suzukuri

このサービスは、うれしい。最高です。

住まいの「収納診断」をしてくれるのですっ。

1-IMG_3553.jpg

採寸。
どのくらいの容量の収納スペースがあるのかを測る。

1-IMG_3548.jpg


不要なものは、鈴木君枝さんおすすめのリサイクル店へ
一括して引き取ってもらうことに。
とても良心的なリサイクル店なんだそうです。
オーナーさんも「この際、思い切って出してみようかしら」って俄然やる気。

(@_@。こういうアドバイスって、プロならではだなあ。

1-IMG_3412.jpg


こちらが、 before。
1-IMG_3398_20120401043417.jpg


私には、無理だ。
どうやったら整理できるのかさっぱり検討がつかない。

逃げ出したくなる。

・・・もしくは、

なかったことにしたい (゚ω゚)


だけど、鈴木君枝さんは涼しい顔。

「お客さんと寄り添って、一緒になってすっきりするのを見るのがうれしい」

って言うの。すごいな~って思った。


鈴木君枝さんは

インテリアコーディネーター
住空間収納プランナー
キッチンスペシャリスト

の資格を持つ収納のプロ。


鈴木さんの手で、どんなになるのか、
4月下旬の撮影が楽しみだわ~。

1-IMG_3475.jpg


快適・片付く、住まいづくりのお手伝い suzukuri

suzukuriブログ


後日の撮影レポートです↓

【撮影レポート】収納のプロ!の巻 vol.2

【撮影レポート】収納のプロ!の巻 vol.3


今回ご依頼いただいたプランはこちらです。⇒【スタンダードプラン】
しいれいphoto お問い合わせ しいれいphoto お見積もり

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。