--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広田泉氏 写真集『ここから始まる。』

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

先日、写真展に行った時に見た、
広田泉氏の写真集、届きました。

この写真集、本当に不思議なんです。

何度見ても泣ける。

本を閉じても、しばらく涙がとまらないのです。

写真家の想いが、うわ~っとあふれ出てくるというか
写真の一つ一つが言葉をしゃべっているというか

私にとってこんなことは、もう初めてのことなので
すっごくびっくりしました。



一枚の写真にどれだけ、魂を込められるのかということ。
そしてその想いはダイレクトに響くものなのだということ。


私は広田さんの写真集に出会い、そのことを驚きと尊敬をもって
実感しました。



ぜひぜひ写真の持つ力を感じてみてください。

book-hyoushi-2.jpg  広田泉 写真集『ここから始まる。』



本屋さんには売っていないので
見てみたい方は

広田泉氏ブログ 7/1記事「つながれ」に紹介されています。

余談ですが、こちら紹介されているお肉屋さんとは実は、
すぐ近くのご近所さん♪


わが家のランチは、こので買ってくる
から揚げと、コロッケとサラダが定番メニューなのら。




鉄道写真家広田泉さん、復興支援で写真集

2011年5月28日(土)12時52分
広田泉さんの写真集「ここから始まる。」 来年以降も出版し復興支援につなげる予定だ。
鉄道写真家の広田泉さんが、東日本大震災で被災した鉄道の支援を目的に、自身初の写真集を出版する。

広田泉さんは東日本大震災の1時間前、茨城県のひたちなか市で写真撮影をしていた。いまだ全線で復旧していない第三セクター、ひたちなか海浜鉄道の沿線だ。だが震災が発生。その後は本業の写真撮影を行わず、ボランティア活動や物資輸送に専念した。自分がいま一番やらなければならないのは、撮影ではないと思ったからだった。そんな広田さんを変えたのは、鉄道ファンらからの声だったという。「復興に向けた長い記録を美しい写真で綴るのは誰もできない」、「お前しか撮れないだろ」。

広田さんは、被災地が少し落ち着いた地震1か月後から現地入りした。自宅からの移動には物資を乗せ、現地ではあくまでもボランティア活動が中心。悲惨な光景を目の当たりにしながら、ボランティアの合間に現地の鉄道を撮った。

出版する写真集では、ひたちなか海浜鉄道や三陸鉄道、JR山田線など、津波で流された鉄道の様子を、被災前の写真も交えて伝える。収益は全額、ひたちなか海浜鉄道と三陸鉄道に寄付する。写真集を買った人の代金をできるだけ寄付にまわせるようにと、あえて出版社を使わず、自分で出すことにした。書店にも極力置かず、インターネットで販売する。価格は1冊2415円で、現在予約を受け付けている。1人で複数冊購入していく人も多いという。目標販売部数は5000部だ。

鉄道の復旧には莫大な費用が必要だ。「なんとか皆さんと一緒に、ひたちなか海浜鉄道と三陸鉄道を走らせたい」。全国の鉄道ファンらへの協力を求めている。

鉄道コム 2011年5月28日(土)13時4分更新


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://seelay.blog137.fc2.com/tb.php/1019-16516370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。