--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠山紀信展~後世に残る写真

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

篠山紀信展。

後藤繁雄(編集者/本展企画者)×篠山紀信のトークイベントに行ってきました。

★exh145


トークで、篠山氏が語った言葉が印象的でした。

大原麗子の写真もジョンレノンの写真も、
撮った直後に亡くなった。

自分が撮ると遺影になる。
篠山が撮ると縁起が悪いってことになるから

とジョークをとばしつつ。

「でも、写真家とはそういう瞬間に立ち会う宿命だということ」

という言葉。

展示会について GOD:「鬼籍に入られた人々」より
展覧会は既に亡くなった人々の面影から幕を開けます。
被写体は誰もが知っている有名人。
いずれの被写体もすでにこの世にはいないものの、
篠山の写真のイメージによってその面影が鮮烈に浮かび上がります。

篠山は、写真家は往々にして「時の死」の立会人だと言います。
それはみずからの活動を省みての発言であると同時に、「写真」というものの本質
─ 撮られた瞬間から「過去」のイメージであることを宿命づけられている ─
についての洞察と言えるでしょう。



篠山氏が撮ったから死んでしまう

という縁起が悪いものではなくて

もしかしたら。

魂が、「記録して。後世に残るような写真を残して欲しい」

と言って篠山氏を選んだのかも。

と考えてしまいました。



私も、遺影を撮るようになって

「生前から遺影を撮るなんて縁起が悪い」

と思われる方もいると思う。

でも、これは「お役目」だと思ってる。

勝手にね。


seeray photoは遺影バンクの登録スタジオです。
studio.gif

遺影バンクって何(・・?)
遺影バンク


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://seelay.blog137.fc2.com/tb.php/1444-aafbe218
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。