--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被写体と対峙する。

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

祭の撮影をしている時、ひとりの少女と出会った。
私がカメラを向けると、たいがいの子どもはピースをしたり
少なくともにこっと笑って表情がゆるむ。

だが、その少女は表情をくずさず、じっとこちらを見ているだけだった。
はじめは写真を撮られるのが嫌なのかと思ったが、どうもそういう感じではなかった。

少女はいつまでも私の方をじっと見つめ、一度も目をそらさなかった。


カメラを通して少女と無言の会話がはじまった。

私は驚きと尊敬を持って、夢中でシャッターをきった。
ふと突然、あるフレーズがよぎった。


「私が、木を見ているのではない。
 木が、私を見ているのだ。」

高校生の時に、出会ったポール・セザンヌの言葉。
当時、この意味がさっぱりわからないでいた。

だが正に今、それが実体験の言葉として置き換わり、
私に迫ってきた。

「私が、少女を撮っているのではない。
少女が、私を撮っているのだ。」

何十年も前に耳にしたセザンヌの言葉が、実体験の言葉に置き換わり
すんなりと自分の中に入ってきた瞬間だった。

絵を描くこと、写真を撮ること。
そこには必ず、被写体が存在する。

それは時に、闘いとも言える「被写体との対峙」であり、
その表現活動は全て、作家の心理作業の連続である。


「被写体としっかり対峙できてるか」
ひとりの少女の瞳は、今後いかなる撮影の場面で私に問いかけてくるに違いない。


少女 被写体と対峙する seerayphoto

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://seelay.blog137.fc2.com/tb.php/1504-b9940113
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。