--------

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

スポンサーサイト

Posted by しいれい on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ショウガ

Posted by しいれい on

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100208/105846/

ショウガの巡りパワーはこうしてアップする
 ショウガの入った飲み物や食べ物をとると、体がすぐにポカポカしてくる。これは、「ショウガに含まれる辛み成分の一つ、ショウガオールに体のエネルギー消費を高める作用があるから」と話すのは、ショウガとエネルギー代謝について研究する日本大学医学部の平要准教授。

 うれしいことに、ショウガが生み出す熱は普通の食事と違って、食後3時間は続く。冬は気温が低くてすぐに冷えてしまううえに運動も不足しがち。そんな、体が生み出す熱が不足してしまう季節にぴったりの“巡らせ食材”がショウガなのだ。

 しかも、「ショウガを摂取する実験では、手足の指の表面温度はあまり変わらなかった。胃腸などがある体幹に血液が集まっていると考えられ、消化活動が良くなることが期待できる」と平准教授。一週間ショウガをとり続けた読者モニターからも、お通じが改善したという声が。胃腸冷えの便秘にこそショウガがお薦めなのだ。

 ショウガの巡りパワーをより引き出すには、朝とる、1日10gを目安にする、加熱してとる、の三つのポイントをおさえよう

---------


作りおきしてらくらくショウガ摂取、超簡単ハニージンジャーレシピ
朝ショウガ習慣を続けるために作っておくと重宝するのが「ハニージンジャー」。ショウガをハチミツ漬けにしたもので、お湯や牛乳で溶いてドリンクにするほか、「果物やトーストに合わせたり、煮物の甘みづけにも使える」と料理研究家の松尾みゆきさん。

 ショウガは皮のあたりに栄養成分が多いので、皮ごと使おう。また、繊維を断ち切るように薄めに切るのもポイント。「これでショウガの成分や風味が出やすくなる」と松尾さん。漬けこんで半日ほどで使えるようになる。冷蔵庫で保存して、2週間以内に使い切るようにしよう



ショウガQ&A

ショウガ10gは親指の第一関節から先の大きさ。
チューブのショウガを使うなら、絞った長さ10~15cmが目安だ。

「(チューブなどに入った)すり下ろしショウガは、内容量の8割くらいが生ショウガ。でも、酢酸などが加えられており、生のショウガと効果が同じとは言い切れない」(平准教授)。そこで、編集部で試してみたら、ぽかぽかと温まる効果が実感できた。


ショウガの大敵は乾燥。湿らせた新聞紙に包んで常温で保存しよう。まとめてすりおろして、1回分約3gをラップに包んですぐに冷凍しておくと便利。前回紹介した保存レシピを作っておけば、料理の幅も広がる。




「生のショウガに多いジンゲロールは、より高い温度で加熱した方が短時間で温め成分のショウガオールに変わるが、70℃くらいのお湯でもかなり変わると考えられ、効果は十分だろう」(平准教授)。ポットのお湯でもOKだ。

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。